ここから本文です。

12月16日第517号

1.医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートでの子どもの事故
   -転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!-
                 ~国民生活センターからのお知らせ~

   スーパーマーケットやショッピングモール等の店舗には、購入する商品を
運ぶための店舗用ショッピングカート(以下、「ショッピングカート」)が
あり、日常的に多くの消費者に利用されています。こうしたショッピングカ
ートには子どもを乗せる座席がついているものなど、大きさや形状にも様々
なタイプがあります。店舗によっては、複数のタイプを揃(そろ)えており、
子どもを座席に乗せて買い物をする姿もよく見受けられます。

 一方、医療機関ネットワーク(注1)には、店舗で子どもがショッピング
カートから落ちてしまった、ショッピングカートに乗ったまま転倒してしま
ったなどの事例が多く寄せられ、頭部や顔面にけがを負ったり、なかには骨
折や頭蓋(がい)内損傷などの重症事例も寄せられています。

 そこで、医療機関ネットワークで収集した店舗内でのショッピングカート
による子どもの事故情報について分析し、事故防止のために消費者に注意喚
起・情報提供します。

(注1)消費者庁と国民生活センターとの共同事業で、消費生活において生
命または身体に被害が生じた事故に遭い、参画医療機関を受診したことによ
る事故情報を収集するもの(2010年12月から運用を開始)。


<主な相談事例>
【事例1】ショッピングセンターのカートに乗っていたところ、転落し後頭
     部を打撲した。すぐに泣き、意識消失もなかった。その後吐き気
     があり、自宅に帰っても吐き気が続くため受診したところ、頭部
     CTにて後頭蓋骨の急性硬膜外血腫を認め、救急搬送された。
           (2015年2月発生 1歳8カ月 女児 重症)

【事例2】駐車場内で子ども用ショッピングカートから転落した。高さは約
     1m、下はコンクリート。すぐに啼泣(ていきゅう)あり、嘔気
    (おうき)・意識障害などはなし。右前額部に3cmの裂創あり。
     一部、骨膜が見えている。
           (2012年7月発生 3歳3カ月 女児 軽症)

【事例3】母親と一緒にスーパーで買い物をしていて、一緒にレジ前で会計
     の順番待ちをしていた。本人はカートの下段に乗っていた。本人
     が揺らしたのか、ショッピングカートが転倒し、床へ転がった。
     右手親指にけがをしており、出血していたので、救急車で搬送。
     受診時、右手第1指は圧挫されており、開放骨折、爪は剥離して
     いた。手術し、入院。
         (2012年11月発生 2歳6カ月 男児 中等症)


<消費者へのアドバイス>
・ショッピングカートからの子どもの転落・転倒事故が多く発生しています。
 ショッピングカートの上に立つなどして転落すると頭部を損傷するリスク
 が非常に高く、大変危険です。

・ショッピングカートの幼児用座席以外の部分に子どもを乗せたり、ショッ
 ピングカートで遊ばせたりすると危険です。注意表示等をよく確認しまし
 ょう。

<詳細>国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161207_1.html(外部リンク)


          ◇      ◆      ◇

 

2.お子様用の玩具や乗り物は、安全面に気を付けましょう
   -クリスマスなどの時期、プレゼントを購入する際にも注意-
                        ~国民生活センターからのお知らせ~

 クリスマスや新年を迎えるに当たり、新しい玩具や乗り物等をお子様に与え
る機会が多くなります。お子様が事故なく安全に楽しく遊ぶために、下記の点
に特に御留意ください。

<玩具>
・安全な玩具を選ぶ際はSTマークの有無を参考にしましょう。
・お子様の年齢に合った玩具を選びましょう。
・小さな部品は、年少の子供が誤って口に入れて窒息するなどの危険がありま
 す。年長の兄姉などが遊ぶ玩具にも気を付けましょう。

<子供向けの乗り物>
・幼児用自転車、キックスケーターやペダルなし二輪遊具などの乗り物は、乗
 り方を教えて練習させ、遊び場所などに留意し、ヘルメットなどの防具を着
 用させましょう。

<その他>
・ボタン電池やマグネットは、飲み込むと重篤な症状になる場合もあり特に危
 険です。玩具以外でも、ボタン電池などを使用している製品の取扱いには十
 分注意しましょう。


<詳細>国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161207_2.html(外部リンク)


          ◇      ◆      ◇


3.タレント・モデル契約のトラブルに注意してください!
   -10代・20代の女性を中心にトラブル発生中-
                 ~国民生活センターからのお知らせ~ 
    
 10代・20代の女性を中心に、タレント・モデル契約関連の様々なトラブ
ルが発生しています。以前多く見られた街中でのスカウトに加え、最近ではス
マートフォン等で検索して見つけたオーディションに申し込んだり、SNSに
書き込まれているタレント事務所の募集広告を見たりして、自ら連絡を取った
ことをきっかけにトラブルに遭うケースが散見されます。

<相談事例>
【事例1】オーディションに合格したが、芸能スクールに通うために約85万
     円を支払うよう言われた。

【事例2】インターネットで見つけたモデル事務所の面接に行ったところ、ア
     ダルトDVDの出演を勧められた。

<消費者へのアドバイス>
1.タレントやモデルの契約をするときには十分に注意しましょう。

2.タレント・モデルになるために必要だと言われても、その場での契約は避
  けましょう。

3.一人で悩まずに、消費生活センターや警察に相談しましょう。

 
<詳細>国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161130_1.html(外部リンク)

 

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?