ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 腸管出血性大腸菌O157による食中毒の発生について

ここから本文です。

腸管出血性大腸菌O157による食中毒の発生について

 札幌市管内の施設で製造された「白菜きりづけ(白菜の浅漬け)」を原因とする、腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生しました。

 原因食品である「白菜きりづけ」は、消費期限が8月2日、3日及び4日の商品であり、既に現在は販売されておりません。また、当該品の販売先は、現段階では北海道内の施設のみであることが、北海道等による調査により確認されています。

 しかし、北海道への観光の際、購入していたことも懸念されますので、札幌市及び北海道の報道資料による販売店舗をご確認いただき、ご注意ください。

資料(販売店舗等)

札幌市報道資料(PDF:355KB)

北海道報道資料(PDF:8KB)

参考HP

札幌市ホームページ「苫小牧保健所管内等における食中毒の発生について」(外部リンク)

北海道ホームペ-ジ「腸管出血性大腸菌0157による食中毒の発生について」(外部リンク) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?