ここから本文です。

カネミ油症について

カネミ油症は、昭和43年にカネミ倉庫社が製造したライスオイル(米ぬか油)中に、製造工程において熱媒体として用いられたポリ塩化ビフェニル(PCB)等が混入し、これを摂取したことによって起こった大規模食中毒事件です。

平成24年9月5日に「カネミ油症患者に関する施策の総合的な推進に関する法律」が施行され、これに伴い患者の診断基準が見直されました。
この見直しにより、油症発症当時にカネミ油症患者(既に認定された方)と同居されていた家族の方が新たに認定の対象となりましたので、京都府内にお住まいで認定を希望する方は、下記案内を参照の上、健康福祉部生活衛生課まで申請をお願いします。

カネミ油症患者の同居家族の認定申請のご案内(PDF:1,061KB)

油症診断基準(平成24年12月3日追補)

以下3つの条件全てに当てはまる場合、新たに油症患者とみなされるようになりました。

  • 油症発生当時、油症患者(認定患者)と同居していた
  • カネミ倉庫製造のPCB混入ライスオイルを摂取した
  • 現在心身の症状を有し、治療その他の健康管理を継続的に要する 

    油症診断基準(PDF:172KB)

油症患者健康実態調査

油症患者と認定された方について、平成25年度から当面の間毎年「健康実態調査」を行うこととなりました。
この調査は油症患者の皆様の生活状況、病状、治療内容等について把握し、カネミ油症に関する調査研究を更に推進することを目的とし、お住まいの都道府県で実施することとなっています。
京都府内での調査については、下記の認定申請の窓口までお問い合わせください。

参考:厚生労働省プレスリリース(外部リンク) 

 油症検診

全国油症治療研究班により、油症認定患者、未認定患者の方々を対象に、毎年油症検診が実施されています。

近畿圏内にお住まいの方々は一般財団法人大阪府結核予防会大阪総合検診センターでの受診となり、
平成25年度は11月14日(木曜)、15日(金曜)実施となっております。
受診を希望の方は事前の日程調整が必要ですので、京都府内にお住まいの方は9月9日(月)までにお問い合わせください。
なお、以前から受診されている方々には、お住まいを所管する自治体から別途案内が送付される予定です。

 

認定申請手続きの流れ

  1. 申請書類の入手
  2. 必要事項を記入した申請書及び添付資料類を府窓口へ申請
  3. 府から認定結果を通知
     認定された場合、次のような支援の対象となる
      カネミ倉庫株式会社から油症に係る医療費等が支給
      毎年1回国が行う健康実態調査に回答した方へ健康調査支援金が支給
     認定されなかった場合、別途確認書類が見つかった場合などに再度申請することが可能
     

申請方法

必要書類

お問い合わせ先

平成24年12月3日に追補された診断基準による認定申請を希望される場合は下記までお問い合わせください。
なお、提出は来庁または郵送でお願いします(FAXでは受理できません)。

〒602-8570
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
 京都府健康福祉部生活衛生課 食品衛生担当
  TEL 075-414-4773

 

関連リンク

カネミ油症について[厚生労働省]

油症の検診と治療の手引き[全国油症治療研究班・追跡調査班]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?