ここから本文です。

府内に流通する食品の放射性物質の検査結果について

食品衛生法により毎年度策定する「京都府食品衛生監視指導計画」に基づき、日常的に摂取する食品を中心に、加工食品や子どもが口にする食品及びと畜された牛の肉など、計画的に年間200検体の食品中の放射性物質(放射性セシウム)を検査しています。
これまで、基準値を超えるものはありません。

平成30年度検査結果

平成29年度検査結果 【Test results of FY2017

平成28年度検査結果 【Test results of FY2016】

平成27年度検査結果 【Test results of FY2015】

平成26年度検査結果 【Tests result of FY2014】

平成25年度検査結果

平成24年度検査結果

平成23年度検査結果

 

平成23年3月から府内に流通する食品中の放射性物質検査を行っています。

平成23年11月には、食品検査専用のゲルマニウム半導体検出器およびNaI(Tl)シンチレーション検出器を導入しました。

平成24年度より、「京都府食品衛生監視指導計画」に位置づけ、計画的に検査しています。

京都府食品衛生監視指導計画

府内流通食品については、保健所の食品衛生監視員が市場、スーパー等の小売店、製造所等から検体を採取し、保健環境研究所において、ゲルマニウム半導体検出器を使用し検査しています。

また、水産物については、保健所の食品衛生監視員が漁港から検体を採取し、中丹西保健所において、NaI(Tl)シンチレーション検出器を使用し検査しています。

食品の放射性物質に対する詳しい情報は、こちらをご確認ください。

厚生労働省ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp