ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 「認定生食用食肉取扱者」講習会の実施について

ここから本文です。

「認定生食用食肉取扱者」講習会の実施について

 開催日時等

平成25年度の募集は終了しました。
次回の開催予定は未定です。

 内容

平成23年10月1日から「生食用食肉の規格基準」が設定されました。
生食用食肉(牛肉)は、この規格基準を満たすものでなければ、食品として調理、販売等することができません。
規格基準では、生食用食肉の加工を行う者は、都道府県知事等が適切と認める者(生食用食肉取扱認定者)などに限定されますので、
今後、取扱いを予定している事業者の方は、必ず本講習会を受講してください。
資格要件を示す講習会受講済証をお渡しします。

 

新しい規格基準で、生食用食肉は

1 成分規格 (糞便性大腸菌群等の腸内細菌科菌群が陰性であること)
2 加工基準 (生食用食肉専用の施設・設備+有資格者による加工)
3 保存基準 (温度管理)
4 調理基準 (加熱殺菌処理等、衛生的加工を経た肉塊の調理)
5 表示基準 (消費者に対する表示)

の全てを満たす必要があります。

お問い合わせ先

 京都府健康福祉部生活衛生課食品衛生担当
  電話 075-414-4759

 牛の生食用食肉の提供に係るご相談は、各保健所までお問い合わせください。 

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?