ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > ハチミツの摂取による「乳児ボツリヌス症」に注意しましょう!

ここから本文です。

ハチミツの摂取による「乳児ボツリヌス症」に注意しましょう!

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから!

平成29年3月、東京都内において、ハチミツの摂取が原因と推定される「乳児ボツリヌス症」による死亡事例が発生しました。

「乳児ボツリヌス症」は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素により発症します。

※ハチミツは、ボツリヌス菌が混入していることがあります。1歳以上の方にとっては、ハチミツの摂取は問題はありませんが、1歳未満の乳児は腸内環境が整っていないため、ボツリヌス毒素による中毒を起こすことがあります。

「乳児ボツリヌス症」の予防のため、1歳未満の乳児にハチミツ及びハチミツを含む飲料等の食品を与えるのは避けてください。 

 

関連リンク

 

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?