ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 大気環境の保全対策 > 環境放射線測定について > 高浜発電所及び大飯発電所環境放射線等測定計画(令和2年度)

ここから本文です。

高浜発電所及び大飯発電所環境放射線等測定計画(令和2年度)

環境影響監視の概要

京都府では、昭和48年度から関西電力株式会社高浜発電所(出力82万6千キロワット原子炉2基、87万キロワット原子炉2基)に係る環境監視(放射線及び同発電所からの温排水の影響調査)を実施しているところですが、福島原発事故を契機として、平成24年度からは同社大飯発電所(出力117万5千キロワット原子炉2基(平成30年3月1日運転終了)、118万キロワット原子炉2基)に係る環境監視も実施しています。
このうち、環境放射線監視については、
(1)舞鶴市、綾部市、宮津市、南丹市、京丹波町及び伊根町に設置した合計14か所の放射線測定所での空間放射線空気吸収線量率の連続測定
(2)環境放射能測定車による定点測定
(3)環境放射線調査車による走行サーベイを計画しています。

また、原子力発電所から半径約30キロメートル圏内の地点から採取した土壌、米、野菜等の環境試料について、放射性核種の分析を計画しています。
温排水影響調査については、温排水の拡散状況を把握するため、毛島、馬立島周辺海域25定点での水温、塩分等の分析調査を計画しています。

令和2年度高浜発電所及び大飯発電所環境放射線等測定計画

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民環境部環境管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

kankyoka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?