ここから本文です。

丹後広域振興局

C型肝炎ウイルス

フィブリノゲン製剤等によるC型肝炎ウイルス感染について

肝炎被害者の方の早期、一律救済のため、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」が制定され、平成20年1月16日から施行されました。 

 給付金の支給を受けるためには、平成30年1月15日までに国を相手とする裁判を提起する必要があります。

 ・フィブリノゲン製剤関係(京都府ホームページ) 

 ・厚生労働省ホームページ(外部リンク)

 ・問い合わせ先(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ホームページ)(外部リンク) 

 

丹後保健所でのC型肝炎検査

検査(HIV・肝炎(B型、C型)・クラミジア)

 

 

 

お問い合わせ

丹後広域振興局健康福祉部 丹後保健所

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4368

tanshin-ho-tango-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?