ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府丹後広域振興局 > 阿蘇海環境づくり協働会議

ここから本文です。

丹後広域振興局

阿蘇海環境づくり協働会議

京都府では、阿蘇海環境改善を目指し、覆砂事業などを行ってきましたが、さらに、地域住民の皆さんや関係団体および行政が連携を強化し一体となって、総合的な取組を進めていくため、平成19年5月に「阿蘇海環境づくり協働会議」を設置しました。また、平成27年3月には、阿蘇海流域の将来のあるべき姿や目標、取り組みの基本方針等を示すことにより、環境改善の取り組みをさらに推進するため、「阿蘇海流域ビジョン」を策定しました。

【阿蘇海流域ビジョン】

 ・概要版(PDF:353KB)
 ・全体版(PDF:364KB)

【取組の概要】
平成27年度(PDF:1,056KB)
平成26年度(PDF:752KB)
平成25年度(PDF:448KB)
平成24年度(PDF:328KB)
平成23年度(PDF:295KB)
平成22年度(PDF:418KB)
平成21年度(PDF:311KB)
平成20年度(PDF:566KB)
平成19年度(PDF:174KB) 

・阿蘇海と流域の環境についてのパンフレットをご覧ください。
阿蘇海の現状や汚濁の原因、水環境のために身近にできる工夫などを分かりやすく紹介しています。
阿蘇海・啓発パンフレット(PDFファイル,1MB)(PDF:1,581KB)

パンフレット簡易版チラシもあります。
阿蘇海チラシ(PDF:682KB)

阿蘇海の現状

阿蘇海は、天橋立により宮津湾と隔てられた閉鎖性水域であり、近年、富栄養化によるヘドロの堆積や水質汚濁、魚介類の生活環境悪化、藻類の大量発生に起因する悪臭など、多くの問題が顕在化しています。また、後を絶たない不法投棄による漂着ごみの問題も深刻です。
一方で、阿蘇海の沿岸や阿蘇海に流入する河川流域に目を向けると、生活雑排水の増加、化学肥料の普及、林業衰退による森林の荒廃など、人々の生活様式が変化したことにより、特に高度経済成長時代の1960年代以降、河川などから流入する汚濁負荷量が増大しています。
阿蘇海環境改善には、沿岸だけでなく流入する河川流域も含めた取組が必要です。

(写真説明:阿蘇海に流れ着いたゴミの様子)

・京都府による採水調査
京都府では、毎月、阿蘇海の水を採取し水質調査を行っています。
採水調査の様子
平成25年度水質調査結果

阿蘇海・野田川をきれいにするための取組

・覆砂(シーブルー)事業の実施
京都府では、阿蘇海の底質や生物生息環境を改善するため、平成5年から覆砂事業を実施しています。 
覆砂事業説明資料(PDF:398KB)
過去からの取組(PDF:179KB

・阿蘇海沿岸の清掃活動
阿蘇海沿岸に漂着したゴミ等を、住民と行政が一緒になって清掃しています。 
清掃活動の様子

・阿蘇海環境学習
宮津市と与謝野町内の小学校、中学校、高校では、阿蘇海環境学習に取り組んでいます。 
学校での阿蘇海環境学習:平成25年度
学校での阿蘇海環境学習:平成24年度以前

・海洋生物を用いた阿蘇海環境改善技術の開発(海洋センター)
海洋センターでは、平成20年度からアサリの濾水能力や海藻・草の栄養塩吸収能力等を活用した阿蘇海の環境改善に向けた技術開発を進めています。 
アサリ、アマモによる阿蘇海の水質改善(PDF:1,301KB)  

・浅水代かき実演会の開催
環境に配慮した農業を進めることで、阿蘇海・野田川への環境負荷を低減することができます。その一例となる「浅水代かき」実演会を与謝野町で開催しています。
浅水代かき実演会の様子
浅水代かき資料(PDF:582KB)

・農業系フォーラム「農林業と水環境を考える集い」を開催(平成20年10月27日)
本会議学識委員の清水芳久京都大学教授による基調講演を始め、德地直子京都大学准教授(森林生態学)や森野真滋賀県農業技術振興センター副主幹(環境こだわり農業)によるテーマ別講演を実施。阿蘇海上流に位置する森林の保全管理の重要性や環境に配慮した農業の推進について考える契機となりました。
清水教授「阿蘇海水質改善に向けた汚濁負荷の影響評価と将来予測について」德地准教授「森林をめぐる物質循環について」

森野氏「滋賀県における環境こだわり農業の取り組みについて」意見交換。60名の方にお集まりいただきました。

 

参考:「阿蘇海環境づくり協働会議」構成委員

(学識経験者)
京都大学、舞鶴工業高等専門学校
(地域関係団体・行政)
宮津商工会議所、与謝野町商工会、社団法人天橋立観光協会、与謝野町観光協会、天橋立を守る会、宮津市漁業協同組合、JA京都、宮津地方森林組合、宮津市自治連合協議会、宮津市連合婦人会、与謝野町区長会連絡協議会、与謝野町婦人会、府立海洋高等学校、NPO法人丹後の自然を守る会、宮津市、与謝野町、京都府

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

丹後広域振興局企画総務部 企画振興室

京丹後市峰山町丹波855

電話番号:0772-62-4300

ファックス:0772-62-5894

tanshin-ki-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?