ここから本文です。

丹後広域振興局

ヘアリーベッチの取り組みについて

ヘアリーベッチについて

秋、水田に播種したヘアリーベッチ(マメ科一年生)を、田植え前に裁断して水田を覆うことで雑草の発生を抑制(抑草)します。さらに、本田の水管理を工夫することによる抑草と、害虫の天敵を増やすことで、無農薬で栽培します。

実証ほ場の様子

5月31日 生育調査に向けて準備を行いました。


ヘアリーベッチの展示ほの看板。


ヘアリーベッチを鋤込んだ後、湛水して田植えしました。
数日たっても水が濁っており、雑草の発生は抑制されています。


畦に残されたヘアリーベッチが花を咲かせていました。


5月8日 ヘアリーベッチの鋤き込みを行いました。


ヘアリーベッチはマメ科植物で、窒素を多く含みます。
このほ場では化学肥料の代替としてヘアリーベッチを利用し、水稲栽培を行います。


前日に撮影した苗の様子です。
5月5日に有機肥料を追肥しました。


4月23日 育苗の様子


4月11日に、は種した苗の状況です。
育苗機で加温していないため草丈の低い苗が育ちます。


4月13日 実証ほ場の巡回を行いました。

昨年9月にヘアリーベッチを播種したほ場です。

排水の悪い箇所では発芽ムラが生じています。
気温が上がれば、刈り倒しまでに70cm程度の高さに生長する予定です。

 

昨年11月に播種したほ場では

うっすら生えていますが、低温が続いたせいで生育が遅れています。
周囲の桜も開花していませんでした。

生物多様性を育む農業トップに戻る

お問い合わせ

丹後広域振興局農林商工部 丹後農業改良普及センター

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-5894

tanshin-no-tango-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?