ここから本文です。

京都府受動喫煙防止憲章

                         平成24年3月19日
                  

 たばこの副流煙には、喫煙者が吸う主流煙よりも高濃度の有害物質が含まれており、受動喫煙により非喫煙者の健康にも悪影響を及ぼすことから、健康増進法では施設管理者の受動喫煙防止措置が努力義務とされ、「京都府がん対策推進条例」でも、受動喫煙防止のため、必要な施策を講じることが規定されています。
 そのため、がん対策の府民運動を展開するために設置した「京都府がん対策推進府民会議」に「たばこ対策部会」を設け、府民運動の推進方策及び各自の行動指針として「京都府受動喫煙防止憲章」を策定しました。

京都府受動喫煙防止憲章(PDF:8KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4742

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?