ここから本文です。

京都府税務共同化推進委員会(第2回)概要

1 日時

平成19年5月22日(火曜日) 午後2時~4時10分

2 場所

京都府庁1号館3階 秘書課会議室

3 出席者

委員7名 事務局(総務部理事、税務課長他)

4 審議概要

  • 徴収共同化の論点、市町村の現状と課題、府・市町村の業務比較を報告
  • 徴収、収納の共同化のポイント、メリット、業務標準化の方向等を審議

(1)徴収共同化のポイント

  • 滞納繰越額の圧縮、業務の全面的な共同化、業務内容の一本化
  • 滞納整理は、早期に前倒しで徹底的に実施する必要がある。
  • 個別団体毎の課税徴収はコストがかかる。税の公平確保、コスト削減が要請される時代である。公平性、コストを重視すると共同化は大きく広がる。

(2)徴収共同化のメリット

  • 徴収、滞納整理のスピードアップ
  • 職員の専門性向上(スキル、動産の評価等)
  • 分割納付等について団体毎の温度差の解消
  • 納期内納付の促進
  • 事務手続き一本化で住民・納税者にわかりやすくなる
  • 金融機関の財産調査も合理化される

(3)業務標準化の方向

  • 原則全て一本化する(手続、帳票、催告、滞納処分の執行停止、不納欠損等)
  • 但し、「納期」の一本化には議論の余地がある。
    年10回払いの集合徴収でも納期到来分から共同化は可能である。また、名義を含む共同化か、作業の共同化かで扱いが異なる。

(4)収納共同化のポイント

  • 消込業務の合理化のための「窓口消込」は、全金融機関と全市町村が足並みを揃える必要がある。金融機関と課税団体間の課題(バックヤードの問題)である。
  • 府と市町村の窓口で、それぞれ全地方税の納付を可能にすることは、共同化のシンボル的な意味がある。しかし、その効果等は検討する必要がある。

(5)市町村の発言

  • 共同化は当然進むべき道である。現状をどう変えるか、具体像・サンプルが必要。市町村職員と府職員が共同で具体像・サンプルを作り上げる組織を作る必要がある。共同化推進委員会でスキームを作り、具体像・プロセスは別途検討が可能。具体化する上で市町村と府が英知を出し合いたい。
  • 滞納整理の専任職員はいない。団体間でシステム等の格差がある。早い時期に行動して欲しい。早い時期に住民、議会に説明したい。

5 次回日程等

  • 平成19年6月12日(火曜日) 午前9時から(10時30分まで)
  • 徴収共同化に関する課題 (徴収共同化の事務量、事務配分、メリット、徴収金の配分ルール、国保、個人情報等)

京都府税務共同化推進委員会(第2回)資料(PDF:1,009KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4427

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?