トップページ > 産業・雇用 > 農林水産業担い手育成・就業支援 > 茶業研究所(宇治茶部) > 「宇治茶実践型学舎研修生」第3期生の募集について

ここから本文です。

「宇治茶実践型学舎研修生」第3期生の募集について

「宇治茶実践型学舎研修生」第3期研修生を募集しています。

募集スケジュール

募集期間 随時

選考方法 応募後、面接により選考

宇治茶実践型学舎研修制度の概要

研修制度概要

・宇治茶は、京都府を代表する産品ですが、経営者の高齢化により担い手の確保・育成が緊急の課題となっています。このような現状を踏まえ、京都府では、令和元年度から宇治茶実践型学舎を開校し、新規に茶業経営を目指す人材の育成に取り組んでいます。
・本研修は、茶業経営に必要な茶園管理、製茶加工に関する基礎的な知識や技術の研修と就農地で先進農家の元での実地研修を組み合わせたカリキュラムにより、2年間で技術や経営能力を身につけることができる研修制度です。さらに、研修終了後は、関係機関が就業や就農を強力にサポートします。

研修場所

京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所(京都府宇治市白川中ノ薗1)及び府内先進茶農家での実地研修など

研修内容

・茶園の栽培に必要な管理手法や製造加工を習得するための研修(講義、実習)
・先進茶農家の元で行う実地研修

研修期間

原則2年間

研修費用

(受講料)118,800円/年

受験資格

概ね40歳未満で、研修後は府内に定住して茶業に従事する意志のある方

募集人数

1~2名

選考方法

面接審査

問い合わせ先

京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所

実践型学舎・技術革新担当 松田

TEL:0774-22-5577

お問い合わせ

農林水産部京都府農林水産技術センター 茶業研究所

宇治市白川中ノ薗1

ファックス:0774-22-5877

ngc-chaken@pref.kyoto.lg.jp