ホーム > 安全な暮らし > 防犯対策 > 大切な自転車を守るために防犯登録をしましょう!

ここから本文です。

大切な自転車を守るために防犯登録をしましょう!

自転車には防犯登録を!! 
大切な自転車を守るために

  • 自転車を購入したり、譲り受けたら必ず防犯登録をしましょう。
  • 自転車を止めたら、必ずカギをかけましょう。
    (ツーロックは、防犯効果を高めます。)
  • お出かけ先では、防犯設備の整った駐輪場を利用しましょう。

 

防犯登録とは

防犯登録は、「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的な推進に関する法律」(「自転車法」)に基づき、自転車の盗難防止及び被害の早期回復のため、京都府公安委員会から指定を受けた京都府自転車防犯登録推進協議会が、登録業務をおこなっています。

防犯登録料は

600円(非課税、令和2年5月1日から)

防犯登録の有効期間は

防犯登録された日から10年間有効

防犯登録は、なぜするのですか

「自転車法」に基づき、自転車(幼児用の自転車は除く)を所有する人は、防犯登録が義務づけられています。
また、防犯登録は、盗難被害に遭った自転車、繁華街や駅周辺等での路上駐輪により撤去された自転車の返還の手がかりとなります。

あなたの自転車は、防犯登録をしていますか?

登録されていない自転車をお持ちの方は、防犯登録をしてください。
自転車の防犯登録は、「自転車防犯登録所」の看板のある自転車店や自転車取り扱いの量販店で登録することができます。

未登録自転車を後から登録するには

通信販売で購入した自転車が未登録である場合や知人等から譲り受けた場合などは、新たに防犯登録をする必要があります。

  • 通信販売で購入した自転車が未登録の場合
    自転車本体、自転車の保証書、登録する本人であることを証明する書類(自動車運転免許証等)、防犯登録料が必要となります。
  • 知人等から譲り受けた場合
    自転車本体、旧所有者名義の自転車防犯登録カード(お客様用)、登録する本人であることを証明する書類(自動車運転免許証等)、防犯登録料が必要となります。

    ※  旧所有者名義の自転車防犯登録カード(お客様用)がない場合は、譲り渡した旧所有者が作成した譲渡書(決まった様式はありませんが、誰が(譲渡者の住所、氏名)誰に(譲受者の住所、氏名)、どの様な自転車を(自転車の車体番号等)渡すのかを明らかにし、譲渡者の署名押印のあるもの)を準備してください。

自転車を盗まれた時は、どうすればいいのですか

盗難被害に遭った場合は、最寄りの警察署、交番、駐在所に被害届を提出してください。 

盗難手配を行うために自転車の特徴(防犯登録番号等)が必要ですので、自転車防犯登録カード(お客様用)を持参してください。

お問合せ先

京都府自転車防犯登録推進協議会

住所:京都市下京区境町通四条下る綾材木町201番地

電話:075-361-2090

時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)

京都府自転車防犯登録推進協議会ホームページ(外部リンク)