閉じる

ここから本文です。

トップページ > 交通安全 > その他、交通安全を守るための情報 > 準中型自動車新設に伴う道路標識の一部改正

準中型自動車新設に伴う道路標識の一部改正

平成29年3月12日から道路交通法の一部が改正され、「普通自動車」「中型自動車」「大型自動車」に加えて「準中型自動車」が新設されました。

区分変更

交通規制

規制対象車両は変わりません。

京都府下では、「中型自動車」が新設されても、交通規制の対象となる車両の範囲は変更されませんので、交通規制の実質的な変更はありません。

例えば、

  • 最大積載量4トンの貨物自動車は、施行後「中型貨物自動車」となりますが、これまでどおり「大型自動車等通行止」規制の道路を通行することができます。
  • 最大積載量5トン以上6.5トン未満の貨物自動車は、施行後「特定中型貨物自動車」となりますが、「大型自動車等通行止」規制の道路を通行することはできません。

道路標識

「道路標識の意味」と「補助標識」の一部が変わりました。

1.大型自動車通行禁止に関する道路標識の図柄は変わりませんが、標識の意味に「特定中型自動車」が加わりました。

2.補助標識に「大型等」、「特定中型以外の中型」等が新設されました。

  • 施行前の「大型自動車」のうち「特定中型自動車」となった自動車は「大型等」に含まれます。
  • 施行前の「普通自動車」のうち「中型自動車」となった自動車は「特定中型以外の中型」と表示され、改正前の「普通自動車」対象の規制と同様になります。

お問い合わせ

京都府警察本部交通企画課

京都市上京区下長者町通新町西入藪之内町85番地3