ここから本文です。

がん登録

  • 毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数(りかんすう))
  • どのくらいがんが進行した段階で診断されているか(進行度)
  • がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)

といったがんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案・評価したり、医療機関で治療方針を検討したりするためにとても重要です。このようながんの情報をより正確に知る方法が「がん登録」です。

がん登録で集められた情報は、厳重に管理し、情報漏洩がないよう十分に配慮しながら活用されていますので御安心ください。

「がん登録」の目的や仕組みについては、こちらも御参照ください。

 全国がん登録

全国がん登録とは、「がん登録等の推進に関する法律」(平成25年法律第111号)に基づき、日本でがんと診断された人のデータを国でまとめて集計・分析・管理する新しい仕組みです。

平成28年1月1日から、全ての病院と指定診療所の皆さまは、自施設で診断したがん情報について、所在地である都道府県まで届出をお願いいたします。

各種マニュアル、様式等を掲載しますので、御活用ください。

<京都府がん登録室について>
登録作業については、こちらを御参照ください。

 <全国がん登録届出マニュアルについて>
 全国がん登録届出マニュアルは、都道府県に届け出るがん情報の作成に当た
 り、必要な事項をまとめたものです。

<診療所の指定について>
全国がん登録へ参加いただける診療所の皆さまは指定申請書の御提出をお願いいたします。
詳しくはこちらを御参照ください。
「がん登録等の推進に関する法律に基づく診療所の指定について」(PDF:145KB)第1~3号様式

<全国がん登録情報の利用申請について>
全国がん登録における情報を提供することが可能です。
詳しくは、こちらを御覧ください。
全国がん登録情報の利用について 

<医療機関の皆さまへ>
国立がん研究センターが提供する全国がん登録に関する医療機関向け情報ページでは、「よくあるご質問と回答」、「全国がん登録届出支援サイト」、「全国がん登録届出項目保存アプリケーション」など、全国がん登録の実務に役立つ情報が閲覧・利用いただけます。ぜひ御確認ください。

地域がん登録とは、各都道府県が独自に協力医療機関からがん診断情報を収集し、分析を行い、地域のがん対策やがん医療の充実のために活用する仕組みです。※地域がん登録は、平成27年12月31日までに診断された症例までを対象としています。
京都府では、京都府医師会が医療機関から集められたがん患者さんの情報を集計し、報告書にまとめています。京都府のがん罹患状況を知ることができる資料ですので、御参照ください。

「2015年京都府がん実態調査報告書」(PDF:5,097KB)
「2014年京都府がん実態調査報告書」(PDF:5,078KB)
 注※主要部位別集計中「発見経緯」に関するお詫びとお知らせ(PDF:24KB)
「2013年京都府がん実態調査報告書」(PDF:5,346KB)
「2012年京都府がん実態調査報告書」(PDF:5,318KB)

院内がん登録

「院内がん登録」とは、病院で診断されたり、治療されたりした全ての患者さんについての情報を病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにするものです。

院内がん登録に関する研修等

がん登録に関する統計情報

国立がんセンターがん対策情報センターでは、がん登録等のデータを活用して、がんの統計についてわかりやすく解説していますので、御参照ください。

特定非営利活動法人 日本がん登録協議会

全国のがん登録室の紹介や、地方公共団体の実施するがん登録事業の支援を行っています。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp