ここから本文です。

フナバラソウ

基礎データ 

※項目の解説

学名 Cynanchum atratum Bunge 

分類群 種子植物

科名 ガガイモ科

フナバラソウ

レッドデータブックカテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅寸前種

環境省カテゴリー 絶滅危惧種II類(VU)

近畿レッドデータブックカテゴリー 絶滅危惧種C

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

山野にはえる稀な多年草で、間人(永井かな1961の採集)以来標本は見られない。

  • 形態

茎は直立して40~80cm、葉は対生で細軟毛がある。花は5~6月、葉腋に黒紫色の数花をつける。花冠は5裂する。種子に白絹糸状の毛がある。
◎参照 原色日本植物図鑑草本I:No.511,改訂近畿地方の保護上重要な植物:No.1169,京都府草木誌:66頁

  • 分布

北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国大陸(東北部)。
◎府内の分布区域
北部地域、中部地域。京都府草木誌には四ッ谷の記録がある(竹内,1962)。

  • 生存に関する脅威

草地開発、土地造成、遷移進行。

  • 必要な保全対策

小規模な草地の管理。

  • 特記事項

大陸系の草地生遺存植物と思われる。

                     執筆者:高木 俊夫

 

 

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?