ここから本文です。

イワギリソウ

基礎データ

※項目の解説

学名 Opithandra primuloides (Miq.) B.L.Burtt

分類群 種子植物

科名 イワタバコ科

イワギリソウ 

レッドデータブックカテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅寸前種

環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類(EN)

近畿レッドデータブックカテゴリー 絶滅危惧種A

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

産地が極限され、園芸用に採取されて個体数が少なくなっている。 

  • 形態

陰地の岸壁に着性する多年草。葉は根生して、長さ4~10cmの卵状円形、全体に軟毛が多い。花は5~6月に茎の先に散形状に2個から10個の紫色の花をつける。
◎参照 原色日本植物図鑑草本I:No.314,日本の野生植物III:131頁
分布 本州(近畿地方以西)、四国、九州。
◎府内の分布区域
北部地域。

  • 生態的特性

葉がキリに似て、可愛らしい草で日本特産。谷沿いの岩壁にはえることが多い。

  • 生存に関する脅威

園芸用の採取が主要因。道路拡幅、森林伐採。
必要な保全対策 野生希少種の採取をしないように、モラルを育てる。自然度の高い林の伐採を禁止する。 

  • その他

日本固有種

 

執筆者:高木 俊夫

 

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?