トップページ > WEラブ赤ちゃんプロジェクトとは

ここから本文です。

WEラブ赤ちゃんプロジェクトとは

WEラブ赤ちゃんプロジェクト」とは

WEラブ赤ちゃんプロジェクトチラシ公共の場で泣き始めた赤ちゃんを、懸命に泣き止ませようと焦るママの姿をきっかけに始まった取り組みで、周囲が「焦らなくても大丈夫」「泣いても気にしませんよ」という受容の気持ちをステッカー等で見える化することでママ・パパを優しく見守り、子育てにあたたかな風土をつくります。

WEラブ赤ちゃんプロジェクト「泣いてもいいよ!」ステッカー誕生のきっかけ

「京都府のみなさんへ」(PDF:820KB)

オール京都で「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」賛同

「子育て環境日本一」の実現に向けて、子どもや子育て世代を社会全体であたたかく見守り支え合うオール京都の推進体制を構築するため設置された「京都府子育て環境日本一推進会議」は、子育て世代を応援するため、「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」に賛同しました。

経済界・各種団体・行政等が共同で賛同するのは全国初となります。

京都府限定の「泣いてもかましまへん!」ステッカーを作成しましたので、あたたかい気持ちをぜひ身の回りのものに貼っていただき、子育てに励むママ・パパにエールを送りませんか?

※「京都府子育て環境日本一推進会議」構成団体の子育て環境日本一に向けた行動・取組宣言はこちらから

きょうと子育て環境日本一サミット集合写真

 

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(子育て環境推進係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

kodomo@pref.kyoto.lg.jp