ここから本文です。

エピローグ漫画(えがおのいっぽ 音声読み上げ)

 

エピローグ漫画 えがおのいっぽ

(5歳になったゆうと)

あいあい教室に通いだしてからゆうとは成長し、今では5歳になりました。

 

あいあい教室の先生に、ゆうとが「今日は何して遊ぶの?」と楽しそうに聞いています。どうやら今日はお散歩に行くようです。ゆうとは先生たちのサポートのもと、楽しくいろいろなことに挑戦できるようになってきました。

 

あいあい教室では親子通園のため、子どもたちが療育を受けている間は、保護者たちと先生が気軽に話し合う場が持たれており、同じような悩みを持つお母さんたちと出会えて良かったと思いました。

 

(えがおのいっぽ)

ゆうとと一緒に学んでいくうちに、盲導犬と一緒に歩いておられる方やはくじょうをうまく活用して生活されている方に会ったり、点字ブロックや音響信号など日常の中ではいろいろなサポートがあることに気づくようになりました。また、視覚障害があっても、スポーツや仕事など、いきいきと活動される方たちのことを知って勇気づけられました。

 

絵本も手で触ってわかるようになったゆうとを見て、毎日ふさぎ込んでいた私が、今ではゆうとの将来をあれこれ想像しています!

 

少しずつ成長するゆうとを見て、いろいろな可能性があると思えるようになってきました。

 

もちろん、毎日の生活や将来の不安がなくなったわけではありません。

でも、以前のように一人で悩まず、周りの皆さんと一緒になって、少しずつ前に進んでいこうと思っています!

 

おわり

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

ksc-soudan@pref.kyoto.lg.jp