ここから本文です。

住建築・リフォーム科

 
住建築・リフォーム科イメージ図

>>訓練の特色 >>主な訓練内容 >>主要科目 >>トピック >>府立大学との連携事業
>>目標とする資格 >>将来の活動分野 >>おもな設備 >>指導員からのメッセージ  

 訓練の特色

実物大の木造住宅を自ら計画・設計し、造り・学ぶ

現場と同じ工程、同じスケールで模擬家屋を建築します。また、間取りの考案や工法の選択といった「計画」や「設計」も全て訓練生が行います。それぞれの訓練が相互に関連しており、わかりやすく、楽しく、そして業務にも効果的です。

間取りの意見交換 建方(部材の組立て)の様子1

建築業界への入職に興味のある女性もサポート

男性の多い業界ではありますが、男性以外の方の入職も少しずつ増えています。業界には設計や大工職だけではなく、現場管理や建築事務といった業務もあります。適職を見つけてみませんか。

イメージイラスト:事務空白イメージイラスト:設計空白イメージイラスト:大工空白イメージイラスト:管理

修了後は、大工見習い、現場監督、建築事務など、建築業界への幅広い就職が目指せる

現場監督に必要な工程管理や、事務や設計に必要な積算やCADソフトの操作などなど、幅広い業種に開かれた訓練を行っています。在学中に、自分の能力とマッチする仕事を見つけられるようにサポートいたします。

CAD製図 模擬家屋製図

CAD系資格や技能士(建築大工)などの資格取得に向けた徹底的な技術指導を実施

建築大工技能士3級やCAD検定を在学中に受験することができます。また、修了後には2級建築士(建築士登録は実務経験2年が必要)や2級技能検定も受験することが可能です。

基本加工(たてびき) CAD実習

 主な訓練内容

木造建築施工実習

木造の模擬家屋を、訓練生自らが「計画」「設計」「施工」します。間取りや配置、屋根の様式、継手や仕口の選択や工法も訓練生が考案します。案に基づいてCADソフトを使って製図を行い、必要な木材を発注し、墨付け加工を行い、一棟の模擬家屋を建築します。

模型墨付け相談中 建方(部材の組立て)の様子9 模擬家屋全体2

建築製図・CAD実習

基本操作・模擬家屋の設計・リフォーム・CAD検定受験などを通して、実践的な「製図」を学びます。作図や読図の技能は、施工、設計、監督、事務などの建築に関わる業務すべてに共通して必要な技能です。

手書きで製図中 CAD実習

リフォーム実習

新築だけでなく、増改築にも対応できるように、リフォーム実習を指導しております。実務を想定し、提案・計画・設計・施工まで取り組むことで、一連のリフォーム業務を学ぶことができます。

リフォーム実習(床下地施工) リフォーム実習(壁施工)

建築構造概論・規矩術(きくじゅつ)

木造建築物の構造について学びます。構造体の様式や接合方法、安全性や基準法で定められた寸法などを学びます。また、それらの部材に墨付けをし加工をするための論理を「規矩術」の訓練で習得することができます。

学科講義「木質構造」 さしがねと隅木

トップへ

 主要科目

学科 実技
  • 建築計画
  • 建築概論
  • 建築製図
  • 関係法規
  • 木質構造
  • 材料
  • 規矩術
  • 仕様及び積算
  • 木造建築施工実習
  • CAD実習
  • リフォーム実習
  • 測量実習

 

 

 

 

トップへ

 建築科トピック【令和2年度】

※住建築・リフォーム科の訓練内容とは一部異なります。

2月トピック

追掛け大栓継ぎ仮組み 母屋加工

いよいよ訓練も大詰めです。

模擬家屋の上棟が無事に完了しました。

土台・水平確認 通し柱ボルト締め

土台敷きの急所としては、水平(高さが揃っているか)、矩手・大矩(かねて・おおがね:直角の意)が出ているか、通り(通り芯が曲がりなく通直か)の確認が挙げられます。

土台が敷ければ、柱と胴差を組んでクレーンで吊って起こします。

建方の様子1 建方の様子2

柱と胴差が組み終われば、仮筋交いを入れて、立ち(垂直の意)を確認します。

二階床梁や管柱、火打ち梁などを組んでいきます。

足場組立て 仮筋交い取り付け

足場も自分たちで組み立てます。

上棟の様子 垂木取り付け

丸太梁や桁も組んで、無事上棟できました。

上棟が済めば、垂木、野地板、鼻隠しや広小舞を取り付けます。

垂木取り付け完了 破風、野地板、広小舞の取り付け

きれいに納まった丸太梁 床捨て貼り

上から次々に取り付け施工を終わらせていきます。

大引き、根太、床捨て貼り、仕上げ、どんどん進んでいきます。

階段側桁加工 階段仮組み

どうにか成果発表会までには、階段がかかりそうです。

自分たちが刻んできたものが、大きな模擬家屋として組みあがっていきます。

普段はあまり自発的ではない訓練生も、成果物を目の当たりにすると、いつもより楽しげです。

「ものづくり」の効果を改めて実感いたしました。

修了式まで残りわずかです。怪我、事故に気を付けて、最後まで頑張りましょう。

 

【過去の令和2年度トピック】

 これまでの建築科トピック

※住建築・リフォーム科の訓練内容とは一部異なります。

平成31年度トピック 平成30年度トピック 平成27年度トピック
平成26年度トピック 平成25年度トピック  

 

トップへ

 京都府立大学との連携事業

関連する分野を学ぶ学生らとの交流や相互理解を深める為、平成29年度より、京都府立大学の生命環境学部森林科学科と環境デザイン学科の2学科との連携事業を実施してきました。

府立大学との連携事業の様子1 府立大学との連携事業の様子2

通常の訓練にはない、建築設計やデザインや、樹木の生育や特性などについて学ぶ事ができます。

府立大学との連携事業の様子3 府立大学との連携事業の様子4

 目標とする資格

技能検定3級

技能検定3級作業の様子1 技能検定3級作業の様子2 技能検定3級作業の様子3

令和元年度 受験結果

訓練生数 受験者数 合格者

16名

14名

10名

(建築・工業系高卒者は受験不要)

現在の技能検定建築大工3級の課題は、「隅木」「垂木」「梁」「柱」「桁」といった部材が組み合う課題となっております。

この課題は、平面図と立面図の「読図」、墨付けのための「規矩術」の理解、指定の寸法を守る「加工精度」が急所となっております。

大工基礎技能が多く含まれる初級レベルの課題となっており、3級の受験は、大工職への適性を判断するのにも適していると思われます。

CAD検定3~2級

CAD検定作業のイメージ図1 CAD検定作業のイメージ図2

製図の訓練課題として、CAD検定の3~2級を受験できます。Jw-cadというソフトを使い、それぞれの習得レベルに応じた難度の受験を指導いたします。受験課題は実務に沿った内容となっており、大工・監督・設計・事務どのような業務においても役に立つ資格となっております。

その他

  • 技能士補
  • 丸のこ等作業従事者教育
  • 木造建築士
  • 2級建築士(実務期間短縮)

 将来の活動分野

建築業界

  • 木造建築大工
  • 施工管理
  • 設計補助
  • CADオペレータ

 おもな設備

手押し鋸盤/角のみ盤/丸鋸傾斜盤/帯鋸盤/ほぞ取り盤/超仕上げ鉋盤/刃物研削盤/レベル/平板測量器/CAD/グラインダー/ホイスト/インクジェットプロッタ/トランシットなど

 指導員からのメッセージ

旧・建築科がリニューアルされました!

従来の建築大工だけでなく、施工管理や設計補助・CADオペレータ等の内勤業務に必要な訓練も追加され、より幅広い就職を目指せるようになりました。入校から就職まで、丁寧に指導・サポートさせていただきます。

見学も随時受付中です。ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

トップへ

 

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp