ホーム > 産業・しごと > 労働 > 京都の能力開発 > 京都府立高等技術専門校とは

ここから本文です。

京都府立高等技術専門校とは

職業能力開発促進法に基づき京都府が設置する職業能力開発施設です。
高等学校・大学等の新規学卒者や離転職者、また、障害のある方に、希望する職業に関する基礎的技能や専門的技能を身につけていただき、就職や転職が容易でかつ有利になるように訓練を行っています。

府立高等技術専門校一覧

訓練科名

訓練期間

定員

応募資格

京都高等技術専門校

システム設計科

2年

20名

高卒以上
メカトロニクス科

2年

20名

高卒以上
機械加工システム科

2年

10名

高卒以上
建築科

1年

20名

高卒程度
プロダクトマネージメント科

1年

20名

18歳以上

陶工高等技術専門校

やきもの成形科(成形コース)

1年

20名

高卒程度
やきもの成形科(総合コース)

2年

10名

高卒程度
やきもの図案科

1年

20名

高卒程度

福知山高等技術専門校

自動車整備科

2年

20名

高卒以上
ものづくり基礎科

1年

20名

18歳以上
総合実務科

1年

15名

知的障害者
キャリア・プログラム科

6か月

5名

発達障害者

京都障害者高等技術専門校

総合実務科

1年

20名

知的障害者
オフィスビジネス科

1年

20名

身体障害者
キャリア・プログラム科

6か月

10名

発達障害者

城陽障害者高等技術専門校
(京都障害者高等技術専門校の分校)

生産実務科

1年

10名

知的障害者

訓練期間

  • 1年制訓練科(コース):4月から翌年3月まで
  • 2年制訓練科(コース):4月から翌々年3月まで
  • 6か月訓練科 前期:4月から9月まで
  • 6か月訓練科 後期:10月から翌年3月まで

休校日

土曜日・日曜日・国民の祝日、創立記念日、夏季休暇、冬季休暇など

訓練時間

1年コースに換算して年間1,400時間

月曜日から金曜日の概ね午前9時から午後4時半まで(各専門校によって異なります。)

指導体制

訓練生10名に対して指導員1人(障害者訓練は5名に1人)という少人数精鋭授業や、経験豊かな外部講師を迎えるなど充実した指導員体制をとっており、技術革新が進み多様化する社会に向かって明日の産業を担う皆さんが、基礎的・専門的な技能を身につけて社会で活躍できるよう指導していきます。

授業料などの費用

  • 入校選考料 2,200円
  • 入校料 5,650円
  • 授業料 118,800円
  • そのほか、教科書代・作業服代・資格取得費など実費負担金 40,000円から160,000円(訓練科によって異なります)

※学資困難者、障害者手帳所持者、雇用保険・訓練手当受給者には、授業料の減免措置があります。

福知山校には男性寮(希望者)があります。
城陽障害者校は、全寮制です。

就職支援

  • ハローワークとも協力して、就職先を紹介します。
  • 専門就職推進員や障害者専門就職推進員を配置し、ビジネスマナー講習会や模擬面接の実施など、就職に向け、一人ひとりにきめ細かくサポートしています。
  • 障害者校を除いては、京都府内外の企業からの求人を直接受付しています。

在校中の特典

  1. 雇用保険受給資格者、訓練手当受給対象者及び在職中の方は、雇用保険・訓練手当の支給対象となることがありますので、書類提出前に住所地のハローワークでご相談ください。
  2. 訓練・生活支援給付金の対象訓練です。(要件該当者に限ります)
  3. 訓練中の万一の怪我などの災害に備えて、職業訓練生総合保険(任意加入)と災害見舞金制度があります。
  4. 公共交通機関利用者は、学生割引が適用されることがあります。

府立高等技術専門校に入校するには

企業の就職担当者さまへ

お問い合わせ

商工労働観光部人材開発推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5092

jinzaikaihatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?