ここから本文です。

システム設計科

 

システム設計科イメージ図

>>訓練の特色 >>主な訓練内容 >>主要科目 >>トピック >>ETロボコン大会
>>目標とする資格 >>資格取得状況 >>将来の活動分野 >>おもな設備 >>在校生の声

 訓練の特色

業務を想定した課題を通した問題解決力とコミュニケーション能力の向上

グループ課題では指導員を「顧客」と見立て、業務を想定した課題が出されます。システム開発では、顧客の要望を聞き取ってどのような機能が必要かを見極めながら、設計や開発を行う必要があります。実習ではグループ内や指導員との話し合いを通して、相手の要望を理解するためのコミュニケーション能力向上を図ります。

コミュニケーションをとりながらシステム開発に取り組んでいる様子

システム開発で必要とされるスケジュール管理能力の向上

システム開発では納期を守ることが求められます。グループ課題では、1カ月~12カ月程度の期間でシステム開発を行います。納期(課題終了日)に間に合わせるため、スケジュール管理ソフトを用い、事前に計画を行い、実際の作業の遅れを判断しながら実習を進めていきます。

スケジュール管理ソフトの計画表の表示画面

システムエンジニアとして求められる専門知識と応用力の習得

システムエンジニアに求められている知識は、設計やプログラミングの能力だけでなく、インターネットやデータベース、顧客の業務で用いられる知識など多岐にわたります。訓練では資格取得の学習を通じて習得した専門知識をグループ課題等で利用できる応用力も習得していきます。

ETロボコン結果報告会

トップへ

 主な訓練内容

Webシステム開発実習・業務分析実習(オンラインショッピングサイト構築)

インターネット上で買い物などができるオンラインショッピングサイトの構築を行います。既存のオンラインショッピングサイトを顧客の要望に応じて改修を行う課題を通して、オンラインショッピングサイト構築技術だけでなく、顧客の業務を分析して必要な機能を追加する技術も習得します。

オンラインショッピングサイトのご注文リストの表示画面

制御プログラミング実習(ETロボコン,ロボット制御)

訓練ではロボットにプログラムして動作させるだけでなく、顧客からの要望に基づいて機能を洗い出し、設計書にまとめます。また、環境(照明の明るさの違いなど)に左右されずロボットが正確に動くようにテストを何回も繰り返し、動作の信頼性や品質を保証します。

2018ETロボコン設計 ETロボコンに向けての取り組み

学科・プログラミング基本実習(資格対策)

IT技術者として必要な基礎知識全般を評価する「基本情報技術者試験」とプログラミング能力を評価する「Oracle 認定Java Silver」の合格を目標として、講義と問題演習を通して取り組んでいます。訓練生によっては、さらに上位資格にもチャレンジして、合格している者もいます。

証書と訓練生

トップへ

 主要科目

学科 実技
  • 情報工学概論
  • 情報処理システム概論
  • 情報システムセキュリティ概論
  • オペレーティングシステム
  • ハードウェア概論
  • ネットワーク概論
  • プログラミング論
  • システム工学
  • プログラミング基本実習
  • プログラム設計実習
  • システム設計実習
  • 業務分析実習
  • ネットワーク構築実習
  • Webシステム開発実習
  • 制御プログラミング実習
  • 修了製作実習

 トピック【令和2年度】

11月 ETロボコン 全国優勝!!

令和2年11月22日(日曜)、ETロボコン2020チャンピオンシップ大会 アドバンストクラスにシステム設計科の訓練生5名(大森、石橋、櫻井、中田、湫)が出場しました。上級者向けのアドバンストクラスには、大手企業等の強豪チームがひしめく上位15チーム(企業8、大学5、専門2)が選抜される中、シミュレータ環境でのロボットの走行性能を競う競技部門優勝、設計書の優劣を競うモデル部門エクセレントモデル、総合優勝、IPA賞の4つ表彰され、最高の結果を残すことができました。

成績

  • 総合優勝(競技部門 優勝、モデル部門 エクセレントモデル)
  • IPA賞〈信頼性の高いソフトウェア設計・システムの安定性に対する特筆するべきチャレンジ〉

大会の様子

開会式の様子

競技の様子

表彰式の様子1

表彰式の様子2

訓練生から

私たちのチームは昨年の12月からETロボコン活動を開始しました。しかし、今年は新型コロナウィルスの影響のため、今までの実物のロボットを使用した競技ではなく、オンラインでのシミュレータ競技へ変更になりました。

競技部門では、シミュレータを使用した開発となったことで、自分達が勉強してきたJava言語が使用できなくなってしまいC++言語を1から勉強する必要がありました。また、シミュレータ環境に慣れておらず、それに対応することに時間を費やしました。しかし、提出まであきらめずに開発を続けた結果、競技部門で優勝することができました。

モデル部門では、初めてのモデル作成のため、どのように作るのかを決めることが出来ず多くの時間を費やしてしまいました。提出前に審査員に相談できる相談会では、全体的なつながりが見えないこと等の致命的な指摘を受けてしまいました。この指摘を受けて、チーム内で徹底して共通認識を作るために議論し、提出日ぎりぎりまで修正を行いました。その結果、モデル部門で当初の目標だったエクセレントモデルを受賞することができました。

両部門1位になっただけでなく、総合優勝とIPA特別賞も勝ち取ることができたことが自信につながりました。これらの経験を受けてチーム開発におけるコミュニケーションの重要性、問題に対して屈せず取り組むことを学びました。

 

【過去の令和2年度トピック】

これまでのトピック

平成31年度 平成30年度 平成29年度 平成28年度
平成27年度 平成26年度 平成25年度  


トップへ

 ETロボコン大会

開催年

参加
クラス

関西地区大会 チャンピオンシップ大会

モデル
審査

走行
競技

特別賞

総合
順位

モデル
審査

走行
競技
特別賞 総合
順位
H25

プライマリー
(基礎)

 

B評価

9位

 

総合
6位

-

-

-

-

H26 Gold
Model
(A評価)

10位

 

総合
3位

-

-

-

-

H27 Gold
Model
(A評価)

1位

 

総合
優勝

-

14位

-

-

H28 Gold
Model
(A評価)

2位

IPA賞

総合
優勝

-

4位

-

-

H29 Gold
Model
(A評価)

2位

IPA賞

総合
優勝

-

優勝

TOPPERS賞
若手奨励賞

-

H30

アドバンスト
(応用)

Gold
Model
(B評価)

2位

 

総合
準優勝

-

-

-

-

R1 Gold
Model
(B評価)

2位

近畿経済
産業局長賞

総合
準優勝

B評価

3位

若手奨励賞

総合
6位

R2

-

-

-

-

Excellent
Model
(B+評価)

優勝

IPA賞

総合
優勝

トップへ

メディア掲載

 目標とする資格

  • 技能士補
  • 基本情報技術者試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • Oracle認定Javaプログラマ Silver

トップへ

 資格取得状況

入校年度別合格者数

任意受験

資格名 H28 H29 H30 R01
プロジェクトマネージャ
【情報処理推進機構主催】
1      
応用情報技術者試験
【情報処理推進機構主催】
4 3 3

4

基本情報技術者試験
【情報処理推進機構主催】
8 3 4 2
情報セキュリティマネジメント試験
【情報処理推進機構主催】
    3 3
ITパスポート試験
【情報処理推進機構主催】
15 10 5 5
Javaプログラマ Silver
【Oracle主催】
    2 13
UMLモデリング技能認定試験 L1
【UMLモデリング推進協議会】
    1  
実践Java技術者試験 Expert
【サーティファイ主催】
    6  
Javaプログラミング能力認定試験 2級
【サーティファイ主催】
15   11  
Javaプログラミング能力認定試験 3級
【サーティファイ主催】
    15  
C言語プログラミング能力認定試験 1級
【サーティファイ主催】
7 2    
C言語プログラミング能力認定試験 2級
【サーティファイ主催】
13 15

2

 

令和2年3月2日現在

 将来の活動分野

  • コンピュータシステム開発業務(システムエンジニア、プログラマ)
  • 社内システムの管理・保守業務(社内SE)

 おもな設備

  • 実習用サーバ、実習用クライアントPC、組込み実習用ロボット等

 在校生の声

津國果怜さん(平成30年度入校生)

ソフトウェア開発の様子

修了製作実習の課題ではリーダーに選抜され、現在はテクノフェスティバル(学校祭)に来場されるお子様に向けたゲームの開発を行っています。必要なことだけを集中的に学べるカリキュラムの成果もあり、京都市内の組込み系システムを開発している会社に内定をいただきました。男性のみならず、女性の技術者も増えてきているため、ぜひシステムに興味があれば専門校に足を運んでほしいと思っています。

 

トップへ

  

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?