ここから本文です。

満願寺 観音堂 (舞鶴市)

(宗教法人)満願寺(まんがんじ) (舞鶴市)
観音堂屋根修理 

 十一面観世音菩薩坐像は、鎌倉時代の作といわれ、舞鶴市の指定文化財である。像高133cmの十一面観音は秘仏であり、33年に1度開帳される。

 観音堂の屋根瓦にずれや、欠落が見られたため、平成14年の開帳にあわせた屋根修理に対して助成を行った。(平成13年度)

(写真:左)修復作業中南側妻面 追止漆喰欠落
(写真:右)事業完了後

(JPG:76KB) (JPG:67KB)

(写真:左)修復作業中 南面西側 箕甲瓦欠落等
(写真:右)事業完了後

(JPG:55KB) (JPG:69KB)

※画像をクリックすると拡大表示します。

一覧に戻る

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp