ホーム > 教育・文化 > 国際交流・パスポート > 切替申請のごあんない

ここから本文です。

切替申請のごあんない

有効期間のある旅券(パスポート)をお持ちの方の申請です。

切替申請ができるのは、現在有効期間のある旅券(パスポート)をお持ちの方で下記に該当する方です。

  1. 有効期間が1年未満となった場合
  2. 旅券(パスポート)に記載されている事項(氏名、本籍の都道府県名等)に変更があった場合
    ※現在お持ちの旅券と有効期間満了日を同じにする記載事項変更旅券の申請もできます。記載事項変更申請のごあんない
  3. 旅券(パスポート)の査証欄に余白がなくなった場合
    ※査証欄を増刷するだけの増補申請もできます。査証欄の増補申請のごあんない
  4. IC旅券(パスポート)でない旅券(パスポート)をIC旅券(パスポート)に切り替える場合
  5. 旅券(パスポート)を損傷した場合
    重損傷の場合は事情説明書が必要です。
  6. 就労、留学、ワーキングホリデー等で1年を超える査証取得等が条件とされている場合
    事情説明書及び疎明資料が必要です。
  7. 平成26年3月19日までに訂正申請をしたことがある場合

※切替申請をされる場合には、お持ちの旅券(パスポート)の残存有効期間は新旅券(パスポート)に繰り越さずに切り捨てとなります。

※新旅券(パスポート)は、新しい旅券番号で発給されます。(旅券番号は変わります)

申請に必要な書類

1 一般旅券発給申請書…1通

  • 申請者本人が記入して、提出してください。
  • 申請時に20歳以上の方は、10年旅券(パスポート)又は、5年旅券(パスポート)のいずれかを選択することができます。
  • 申請時に20歳未満の方は、5年旅券(パスポート)のみの申請となります。
  • 折れ曲がったり汚れたりした申請書は受け付けできません。
  • 申請書の配布場所については、旅券発給申請書の配布場所一覧をご覧ください。
  • 記入上の注意については、申請書記入の注意事項等一覧をご覧ください。

2 戸籍抄(謄)本

有効中の旅券をお持ちの方で、氏名、本籍の都道府県名、生年月日、性別に変更のない方は省略できます。

(※申請書には本籍地の番地まで記入していただく必要がありますので、事前に確認をお願いします。記入できない場合は受理できませんのでご注意ください。)

ただし、次の場合は6か月以内に発行されたものが1通必要です。

  • 氏名、本籍地を変更された方、未成年で親権者が変更となった場合

    戸籍変更の経緯が確認できるものが必要です。戸籍の改製(電子化等)により記載事項が省略されて変更内容が確認できない場合は、改製原戸籍の提出が必要となりますので、事前にご確認ください。
  • 一時帰国者
  • 成年被後見人
  • 有効旅券(パスポート)の写真面がほとんど判別できない場合

※同一戸籍内にある2人以上の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で共用することができます。
※申請者が未成年の場合は戸籍謄本をご用意ください。

3 写真…1枚(ふちなし 縦45ミリメートル×横35ミリメートル)

写真のサイズ

  • 6か月以内に撮影したものに限ります。
  • 裏面下に氏名を記入し、申請書に貼らずにお持ちください。
  • カラー写真をお勧めします。提出された写真が旅券(パスポート)に転写されます。
  • ふちなしで上図の各寸法を満たしたもの[図は実際の大きさとは異なりますのでご注意ください。]
    顔の寸法は、頭頂からあごの先まで。頭頂部が髪で不明な場合は、あごから目の位置までの寸法を2倍したところを頭頂部とみなす。
    左右の余白は、2.5mm以上が望ましい。
  • 乳幼児についても申請者本人だけが撮影されたもの
  • 背景(影・椅子の背もたれ・壁面の模様を含む。)がないもの
  • 影のないもの
  • 正面を向き、無帽で撮影されたもの
  • デジタル写真の場合はフイルム撮影の写真と同程度の紙質、画質のもの、ジャギーがないもの
  • 写真の大きさ・顔の大きさ・頭の上の余白が規格外の写真、顔の左右に余白のないもの等旅券(パスポート)用写真として不適当な写真は受理できません

【旅券(パスポート)用の写真として不適当なもの】

・修正したもの
・着衣等と背景が同一色で区別のつかないもの
・ヘアーバンド、リボン、髪飾り、スカーフ等を着けた写真
・目もとがはっきりしないもの

メガネのレンズが反射・メガネのフレームや髪が目にかかったり、影になっている
濃い色のメガネ、睫毛が黒目にかかっている、ゴミ・汚れ等で黒目が欠けている等

・カラーコンタクト使用
・化粧、服装、顔の表情等により本人確認が困難なもの
・汚れたりキズがついたりしたもの
・不鮮明なもの
・写真の色が不自然なもの(青すぎるもの・暗すぎるもの等)
・絆創膏や包帯などで顔や首の一部が隠れているもの。

4 申請者本人を確認する書類

省略することができます。
ただし、旅券を損傷した場合は必要です。
新規申請のごあんないをご覧ください。

5 有効期限のある旅券(パスポート)

その旅券(パスポート)を提出していただかないと受付ができませんので、必ず持参してください。

6 住民票(原則不要です)

京都府内に住民登録されている方は、「住民基本台帳ネットワークシステム」の利用により、原則、住民票の写しの提出は不要です。
ただし、次の場合は、住民票の写し(6か月以内に発行されたもの1通)が必要です。※コピーではなく交付された原本を提出してください。
・住所や氏名の変更直後に申請される場合
・居所申請をされる場合
※居所申請については、(居所申請)をご覧ください。
・住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない場合

お問い合わせ

知事直轄組織国際課 旅券事務所

京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901番地 京都駅ビル8階

ファックス:075-342-0040

ryoken@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?