ここから本文です。

京都府立植物園 日本の森 植物生態園

京都府庁開庁100年記念として造成した日本の森・植物生態園は日本各地の山野に自生する植物を出来るだけ自然に近い状態で植栽しています。
総面積は15,000平方メートル、外周部は樹木林とし、内部は湿地や砂地など様々なエリアに分かれます。
早春にはセツブンソウ、フクジュソウに始まり、春にはクリンソウ、キエビネ、ミズバショウ、初夏にはヤマユリ、ハンゲショウなどが咲き乱れます。夏はキキョウ、カワラナデシコ、レンゲショウマ、秋にはフジバカマ、オミナエシなど絶滅危惧種を含め約1,000種類の樹木類、草本類が植栽展示されています。

四季それぞれに移りゆく草木の可憐な姿に、懐かしいふるさとの山川を思い浮かべ、豊かな心の糧となれば幸いです。

 

写真:植物生態園

お問い合わせ

文化スポーツ部文化スポーツ施設課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142