ここから本文です。

オススメ情報平成29年11月17日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

平成29年11月17日(金曜)現在

 

観覧温室では

ゴヨウアサガオ ‘ ブリグシィ ’

ゴヨウアサガオ ‘ ブリグシィ ’
Ipomoea horsfalliae ‘Briggsii’
ヒルガオ科
園芸種。丈が2m~3mになる蔓性常緑低木で、暖地では周年開花する。
ジャングル室にて鉢物展示。見頃は11月下旬まで。

インドソケイ 

インドソケイ
Plumeria rubra
キョウチクトウ科
メキシコ~ベネズエラ原産。ハワイではいろいろな行事に使われる「レイ」によく使われる。
砂漠サバンナ室にて開花。見頃は12月中旬まで。

樹林地では

サザンカ

サザンカ
Camellia sasanqua
ツバキ科
童謡の歌詞でよく知られる。野生種は白花。園内サザンカロードで。12月中旬まで。

 

イロハモミジ

イロハモミジ
Acer palmatum
ムクロジ科
日本で最もよく見られるカエデ属。園での紅葉の深まりは8割程度。なからぎ神社周辺で。

 花壇では

クレマチス キロサ ‘ジングル ベル’

クレマチス キロサ ‘ジングル ベル’
Clematis cirrhosa var. purpurascens ‘Jingle Bells’
キンポウゲ科
原種は地中海沿岸地域から小アジアに分布する。本品種の花は純白で和紙のように繊細な印象だが、耐寒性が強く冬期も咲き続ける。バラ園北西側にて見頃は3月まで。

フレンチマリーゴールド

フレンチマリーゴールド
Tagetes patula cv.
キク科
メキシコ原産。アフリカンマリーゴールド(T. erecta)と比べると草丈が低く花は小輪だが、コンパクトで株張りが良いので花壇の前景によく用いられる。正門花壇、ワイルドガーデンにて見頃は11月下旬まで。

四季彩の丘では  

 ヤナギノギク
ヤナギノギク
Aster hispidus Thunb. var. leptocladus     
キク科
高知県を中心に分布する多年草。淡青紫色の花を咲かせ、大きくなるに連れて全体が倒れ気味になる。
四季彩の丘東側「絶滅危惧種園」にて11月下旬まで見頃。

ツメレンゲ

ツメレンゲ
Orostachys japonica  
ベンケイソウ科
本州、四国、九州に分布する多肉植物。太い花茎を伸ばし、白い花を多数咲かせる。
四季彩の丘にて11月下旬まで見頃。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?