ここから本文です。

オススメ情報平成29年12月15日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

平成29年12月15日(金曜)現在

 

観覧温室では

オオベニゴウカン(白花)

オオベニゴウカン(白花)
Calliandra haematocephala
マメ科
ボリビア原産。通常オオベニゴウカンは赤色だが本種は白花種。
ジャングル室にて開花。見頃は2月上旬まで。

 

メディニラ クラサタ

メディニラ クラサタ
Medihilla crassata
ノボタン科
フィリピン原産。茎頂から垂れ下がった花序に多数の花をつける。
冷房室にて開花。見頃は12月下旬まで。

樹林地では

ヤブツバキ‘桃色雪中花’

ヤブツバキ‘桃色雪中花’
Camellia japonica‘Momoirosettuuka
ツバキ科
ヤブツバキの園芸品種で‘雪中花’の枝変わり。淡桃色で筒咲きの花が可憐な品種。つばき園で。見頃は1月下旬まで。

 

ヤバネヒイラギモチ

ヤバネヒイラギモチ
Ilex cornuta
モチノキ科
中国、および朝鮮半島南部原産。濃緑色の葉と赤い実がクリスマスを彩る。別名、チャイニーズホーリー。くすのき並木北側。見頃は12月下旬まで。

 

 花壇では

スノードロップ

スノードロップ
Galanthus nivalis
ヒガンバナ科
フランス以東に広く分布。英名のsnowdropは「雪の雫」の意で、花の形を表している。球根ガーデンにて見頃は2月上旬まで。

 

スイセン ‘ソレイユ ドール’

スイセン ‘ソレイユ ドール’
Narcissus ‘Soleil d'Or’
野生種は地中海沿岸諸国が原産地。和名はフサザキスイセン。本品種は切り花用として改良された。球根ガーデンにて見頃は1月下旬まで。

 

四季彩の丘では  

オオツワブキ

オオツワブキ
Farfugium japonicum var. giganteum   
キク科
四国と九州に分布している野生種。ツワブキ属の中では大型で、1ヶ月ほど遅れて開花する。
四季彩の丘にて12月下旬まで見頃。

 

ジャノメエリカ

ジャノメエリカ
Erica melanthera
ツツジ科
南アフリカ原産の常緑低木。目玉のようなピンク色の花は全体を覆うように咲く。
四季彩の丘にて12月下旬まで見頃。


お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?