ここから本文です。

おすすめ情報令和元年10月25日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年10月25日(金曜)現在

観覧温室では

ビャクダン写真 

ビャクダン
Santalum album
ビャクダン科
熱帯アジア原産。樹には香りがあり、線香の原料に使われている。ジャングル室にて見頃は11月上旬まで。

ディコリサンドラ ティルシフロラ写真
ディコリサンドラ ティルシフロラ
Dichorisandra thyrsiflora
ツユクサ科
ブラジル原産。花が青く葉がショウガの葉に似ていることから、別名ブルージンジャーと呼ばれている。ジャングル室にて見頃は11月上旬まで。

樹林地では

ロウヤガキ写真 

ロウヤガキ
Diospyros rhombifolia
カキノキ科
中国原産で日本へは当園にはじめて導入された。ツクバネに似たヘタの形。11月中旬までクスノキ並木北で。

バクチノキ写真 

バクチノキ
Laurocerasus zippeliana
バラ科
剥がれ落ちる樹皮が博打で負け、身包み剥がされた様子を表すことが和名の由来。北山球根ガーデン北で11月初旬まで。 

 

花壇では

フレンチマリゴールド ‘ファイヤーボール’写真 

フレンチマリゴールド ‘ファイヤーボール’
Tagetes patula ‘Fire Ball’.
キク科
野生種はメキシコ原産。本品種は咲き始めと終わりで花色が変化するのが特徴。会館前花壇にて見頃は11月中旬まで。

ノアサガオ写真

ノアサガオ
Ipomoea indica cv.
ヒルガオ科
野生種は伊豆七島、紀伊半島、四国、九州の南岸以南に自生する。多年生で毎年開花する。会館前花壇にて見頃は11月中旬まで。 

四季彩の丘などでは

トレニア フォウルニエリ写真

トレニア フォウルニエリ
Torenia fournieri
アゼナ科
インド半島原産。市場に流通しているトレニアの大半は、本種より作出された園芸品種。四季彩りの丘にて見頃は11月中旬まで。

ピレオギク写真

ピレオギク
Chrysanthemum weyrichii
キク科
北海道南西部、サハリンに分布。海岸の崖地等に生える。和名の由来はサハリンの地名ピレオにちなむ。四季彩りの丘にて見頃は11月中旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?