ここから本文です。

おすすめ情報令和元年11月1日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年11月1日(金曜)現在

観覧温室では

ろてか 

ロテカ インキサ
Rotheca incisa
シソ科
熱帯アフリカ原産。花の形が音符に見えることから、英名でミュージカル・ノートプランツ(musical note plants)と呼ばれている。

 

 

ばなな

バナナ(園芸品種)
Musa acuminata cv.
バショウ科
東南アジア原産。花房の先が尖っていることから、アクミナタ(acuminata)は鋭先という意味がある。有用作物室にて見頃は11月下旬まで。

 

樹林地では

さくら

サクラ‘子福桜’
Cerasus ‘Kobuku-zakura’
バラ科
シナミザクラとジュウガツザクラの交雑品種。秋から春まで開花する。冬の桜エリアで。

 

 

ほととぎす

ホトトギス
Tricyrtis hirta
ユリ科
日陰の湿った斜面などに自生する。野鳥の模様に似ることからの和名。11月中旬まで植物生態園で。

 

花壇では

さるびあ

サルビア レウカンタ
Salvia leucantha cv.
シソ科
野生種はメキシコ原産。ビロード状の軟毛に覆われた紫色の花を密生して咲かせる。四季彩の丘、北山ワイルドガーデン、会館前にて見頃は11月下旬まで。

 

 

こすもす

コスモス
Cosmos bipinnatus cvs.
キク科
野生種はメキシコ原産。黄花や八重咲き、筒咲きなど様々なコスモス約30品種を植栽している。会館前、洋風庭園東側、北山広場にて見頃は11月中旬まで。

 

 

四季彩の丘などでは

たまむらさき

タマムラサキ
Allium pseudojaponicum
ヒガンバナ科
奄美大島原産。アマミヤマラッキョウの名で呼ばれることも多い。絶滅危惧種園にて見頃は12月上旬まで。

 

 

しゃくちりそば

シャクチリソバ
Fagopyrum acutatum
タデ科
中国南部~インド、ネパール原産。薬用植物として導入されたが、現在各地で野生化している。四季彩りの丘にて見頃は11月中旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?