ここから本文です。

おすすめ情報令和元年11月15日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年11月15日(金曜)現在

観覧温室では

アリストロキア トリカウダタ

 アリストロキア トリカウダタ
Aristolochia tricaudata
ウマノスズクサ科
メキシコ原産。tricaudata(トリカウダタ)は3裂片という意味で萼片が3つに裂けた形をしている。ジャングル室にて見頃は11月下旬まで。

 

グロキシニア シルヴァティカ

グロキシニア シルヴァティカ
Gloxinia sylvatica
イワタバコ科
ペルー、ボルビア原産。sylvatica(シルヴァティカ)は森林に生育するという意味。冷房室にて見頃は11月下旬まで。

 

樹林地では

サクラ‘エレガンスみゆき’

サクラ‘エレガンスみゆき’
Cerasus ‘Elegance-Miyuki’
バラ科
10月頃から4月まで咲き続ける品種。埼玉県安行市で作出された。桜林で。

 

ケヤキナミキ

ケヤキ並木
Zelkova serrata
ニレ科
植物園正門へ向かう並木道。特に朝日に照らされた紅葉が美しい。11月下旬まで。

 

花壇では

コスモス

コスモス
Cosmos bipinnatus cvs.
キク科
野生種はメキシコ原産。黄花や八重咲き、筒咲きなど様々なコスモス約30品種を植栽している。会館前、洋風庭園東側、北山広場にて見頃は11月中旬まで。

 

ヒャクニチソウ ‘レッドサン’

ヒャクニチソウ ‘レッドサン’
Zinnia elegans ‘Red Sun’
キク科
野生種はメキシコ原産。本品種は花径が最大で10cmを超える巨大輪咲きになる。沈床花壇、正門前花壇にて見頃は11月下旬まで。

 

四季彩の丘などでは

サガギク

サガギク(嵯峨菊)
Chrysanthemum morifolium cv. Saga-giku
キク科
 大覚寺に伝わるイエキクの品種群で、花弁が糸状になり、独特の仕立て方で鑑賞される古典菊。花色には桃、黄、白、橙などがある。正門付近にて12月1日(日)まで展示。


 ムベ

 ムベ
Stauntonia hexaphylla
アケビ科
 日本、台湾、中国、朝鮮半島原産。常緑であるため、トキワアケビの別名がある。果実はアケビのように開裂しない。四季彩の丘にて見頃は11月下旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?