ここから本文です。

おすすめ情報令和元年11月29日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年11月29日(金曜)現在

観覧温室では

アカサンゴバナ

アカサンゴバナ
Pachystachys coccinea
キツネノマゴ科
ガイアナ原産。花が赤色でコッキネア(coccinea)は、深紅色という意味がある。ジャングル室にて見頃は12月上旬まで。

アッサムニオイザクラ 

アッサムニオイザクラ
Luculia pinceana
アカネ科
ネパール、アッサム原産。桜に似た花を咲かせ、香りがすることが名前の由来。冷房室にて見頃は12月上旬まで。 

樹林地では

マルバノキ

マルバノキ
Disanthus cercidifolius
マンサク科
ヒトデのような星形の花を背中合わせに咲かせる。あじさい園で12月上旬まで。

イロハモミジ

イロハモミジ
Acer palmatum
ムクロジ科
日本の秋の紅葉を代表する樹種。別名‘タカオカエデ’は京都の地名に由来。園内各所で。

花壇では

ユリオプスデージー

ユリオプスデージー
Euryops pectinatus
キク科
南アフリカ原産。茎や葉に軟毛が生え、株全体が灰白色になるため、鮮やかな黄花とのコントラストが美しい。ワイルドガーデンにて見頃は1月上旬まで。

ハボタン

ハボタン
Brassica oleracea var.acephala cvs.
アブラナ科
原種はヨーロッパ西南部の海岸地帯に自生する。耐寒性の2年草で様々な色や形の葉を観賞する園芸植物。ワイルドガーデンにて見頃は2月中旬まで。 

四季彩の丘などでは

クニフォフィア

クニフォフィア ‘クリスマス チアー’
Kniphofia ‘Christmas Cheer’
ワスレグサ科
園芸品種。トリトマの名前で流通しているが、トリトマは旧属名。花茎の先にオレンジ色の筒状の花を多数咲かせる。四季彩の丘にて見頃は12月中旬まで。

シシユズ 

シシユズ
Citrus aurantium
ミカン科
中国原産。果実は直径20cm以上、重さ1kg程になり、果皮の表面が凸凹になる。主に観賞用。四季彩の丘にて見頃は1月上旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?