ここから本文です。

おすすめ情報令和元年12月6日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年12月6日(金曜)現在

観覧温室では

アマゾンユリ

アマゾンユリ
Eucharis grandiflora
ヒガンバナ科
コロンビアのアンデス山地原産。草姿がギボウシ、花がスイセンに見えることから別名「ギボウシスイレン」と呼ばれている。ジャングル室にて見頃は12月中旬まで。

メディニラ クラサタ 

メディニラ クラサタ
Medinilla crassata
ノボタン科
フィリピン原産。ぶら下がった蕾がシャンデリアに見えることから、別名「シャンデリアプランツ」と呼ばれている。冷房室にて見頃は12月中旬まで。

樹林地では

タチバナ

タチバナ
Citrus tachibana
ミカン科
日本固有の柑橘類。古くから常緑の葉が喜ばれ家紋などにも使用された。桜林で。

サクラ‛四季桜’

サクラ ‘四季桜’
Cerasus × subhirtella ‘Semperflorens’
バラ科
マメザクラとエドヒガンの種間交雑。秋から春まで咲き続ける。桜林秋咲きエリアで。

花壇では

スノードロップ

スノードロップ
Galanthus nivalis
ヒガンバナ科
フランス以東に広く分布。英名の「snowdrop(雪の雫)」は、花の形を表している。球根ガーデンにて見頃は2月下旬まで。

ハボタン

ハボタン
Brassica oleracea var.acephala cvs.
アブラナ科
原種はヨーロッパ西南部の海岸地帯に自生する。耐寒性の2年草で様々な色や形の葉を観賞する園芸植物。ワイルドガーデンにて見頃は2月中旬まで。 

四季彩の丘などでは

ハトウリ

ハヤトウリ
Sechium edule
ウリ科
熱帯アフリカ原産のつる性植物。日本には大正時代に鹿児島県に導入され、漬物や炒め物などにして食される。四季彩の丘にて見頃は12月中旬まで。

オオツワブキ

オオツワブキ
Farfugium japonicum var.giganteum
キク科
屋久島、種子島産。一般的なツワブキより大型になり開花時期も一ヶ月程度遅い。四季彩の丘にて見頃は1月中旬まで。

 

 

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?