ここから本文です。

おすすめ情報令和元年12月13日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年12月13日(金曜)現在

観覧温室では

ソランドラ マクシマ

ソランドラ マクシマ
Solandra maxima
ナス科
メキシコ原産。ラッパ状の花を咲かせることから別名「ウコンラッパバナ」と呼ばれている。ジャングル室にて見頃は12月下旬まで。

ウナズキヒメフヨウ 

ウナズキヒメフヨウ
Malvaviscus arboreus
アオイ科
メキシコ~コロンビア原産。花が垂れ下がって咲く様子がうなずく様に見えることから「ウナズキヒメフヨウ」と呼ばれている。ジャングル室にて見頃は12月下旬まで。

樹林地では

チャノキ

チャノキ
Camellia sinensis
ツバキ科
ツバキやサザンカの仲間であるお茶の木。喫茶の習慣や茶道とともに各地で栽培されてきた。12月下旬まで植物生態園で。

アリドオシ

アリドオシ
Damnacanthus indicus
アカネ科
冬に赤い実を付けるセンリョウ、マンリョウとともに別名‘一両’と呼ばれる。植物生態園で。

花壇では

スノードロップ

スノードロップ
Galanthus nivalis
ヒガンバナ科
フランス以東に広く分布。英名の「snowdrop(雪の雫)」は、花の形を表している。球根ガーデンにて見頃は2月下旬まで。

ハボタン

ハボタン
Brassica oleracea var.acephala cvs.
アブラナ科
原種はヨーロッパ西南部の海岸地帯に自生する。耐寒性の2年草で様々な色や形の葉を観賞する園芸植物。ワイルドガーデンにて見頃は2月中旬まで。 

四季彩の丘などでは

ローズマリー

ローズマリー ‘ミスジェサップアップライト’
Rosmarinus officinalis ‘Miss Jessopp's Upright’
シソ科
園芸品種。原種は地中海沿岸原産で高さ60~90cmになる常緑低木で茎葉に強い香りがある。四季彩の丘にて見頃は1月下旬まで。

ツクバネガキ

ツクバネガキ(ロウヤガキ)
Diospyros rhombifolia
カキノキ科
中国中東部原産。果実は約5cmと小さく、それぞれ大きさや斑点の有無などに違いがある。中国植物園にて見頃は2月下旬まで。

 

 

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?