ここから本文です。

おすすめ情報令和2年1月10日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和2年1月10日(金曜)現在

観覧温室では

カエンカズラ

カエンカズラ
Pyrostegia venusta
ノウゼンカズラ科
ブラジル~アルゼンチン北東部原産。花が炎のように見えることから、別名フレイムバイン「Flame(火炎)vine(つる植物)」と呼ばれている。アナナス室にて見頃は1月中旬まで。

 

ユメレアサギタタ

ユメレア サギタタ
Jumellea sagittata
ラン科 
マダガスカル原産。サギタタ(sagittata)は「矢」と言う意味がある。ラン室にて見頃は1月下旬まで。

樹林地では

ハッサク

ハッサク
Citrus hassaku
ミカン科
江戸時代に尾道市因島で原木が発見された柑橘類。食用となる。半木神社参道橋前で。

 

ロウバイ

ロウバイ
Chimonanthus praecox
ロウバイ科
中国原産で17世紀に渡来した。甘い香りで蝋細工のような花。盆栽展示場東で2月上旬まで。
 

 花壇では

ニホンズイセン

ニホンズイセン
Narcissus tazetta subsp. chinensis
ヒガンバナ科
古くにペルシアからシルクロードを通り中国にもたらされたものが、海流によって日本に渡来したとされている。 球根ガーデンにて見頃は2月上旬まで。

 

ユリオプスデージー

ユリオプスデージー
Euryops pectinatus
キク科
南アフリカ原産。茎や葉に軟毛が生え、株全体が灰白色になるため、鮮やかな黄花とのコントラストが美しい。ワイルドガーデンにて見頃は2月上旬まで。

 

四季彩の丘などでは

ツクバネガキ

ツクバネガキ(ロウヤガキ)
Diospyros rhombifolia
カキノキ科
中国中東部原産。果実は約5㎝と小さく、それぞれ大きさや斑点の有無などに違いがある。中国植物園にて見頃は2月下旬まで。

 

チャノキ

チャノキ ‘天白’
Camellia sinensis ‘Tenpaku’
ツバキ科
園芸品種。広く知られるツバキの仲間で、白く大きな花を咲かせ、樹高は最大で5m程になる。中国植物園にて見頃は1月下旬まで。


 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?