ここから本文です。

ギフモ株式会社(京都企業紹介)

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) QoLLife2 京都府の産業支援情報

 

デリソフター販売休止のお知らせ(PDF:460KB)

料理を味も見た目もそのままやわらかくする調理家電「デリソフター」

(2022年3月24日更新 ものづくり振興課 足利・濱田)

見た目はそのままやわらかく

ギフモ株式会社(外部リンク)(京都市)の森實将代表取締役にお話をおうかがいしました。

出来上がった料理を、そのままの見た目でやわらかく

--御社の調理家電「デリソフター」について教えてください。

森實)人生最期まで口から食べる喜びをかなえるケア家電、やわらか食調理家電です。

デリソフター

--一般の電気なべや圧力調理器などとはどう違うのですか?

森實)その問いにお答えする前に、こちらをご覧下さい。このお肉が、こうなります。

ビフォーアフター

--ええー?!

森實)見た目と味そのままに、料理をやわらかくするのです。

--???

森實)つまり、一般の電気なべや圧力調理器は「生の食材」から調理を開始して時間をかけてやわらかく仕上げるものであるのに対し、デリソフターは、「調理済みの出来上がった料理」をそのままやわらかくする調理器なのです。それ故に、一般の調理器だと、料理の見た目と味が異なる別メニューの介護食を作ることになってしまいますが、デリソフターは見た目と味が同じものが出来上がるのです。

うなぎ サラダ

--なるほど!!

森實)よって、高齢の方や、病気やケガで噛む力、飲み込む力が弱くなった方、入れ歯などで今までの料理が固いと感じられている方にも、家族や友人と同じ食事が摂れる毎日を送っていただけるのです。

食卓

調理も値段もお手軽

--むちゃむちゃいいじゃないですか!どういう仕組みなんですか?

森實)圧力調理、蒸気加熱、物理的加工など既存の技術の組み合わせです。 

アジフライ ステーキ

--それがむしろ素晴らしいと思っています。「技術を追究したけれど製品としてイマイチ」というものは多いですが、「ユーザーの求めるものを提供する」ことの方が重要ですから。でもお値段は高いんでしょ?

森實)税込47,300円です。

デリソフター外観

--全然高くないじゃないですか!!普通に買える値段で、これだけのものが提供できるのが、素晴らしいです!

森實)ありがとうございます。では、仕組みと言いますか、調理方法について説明しますと、まず、「デリカッター」という72刃の隠し包丁が搭載された器具で、食材の筋繊維を細かく分断し、熱が通りやすいように食材中心部に熱の通り道を作ります。多くの刃を食材に通すにあたって、刃の跡を目立たせず、食材の形を崩さずに隠し包丁を入れる事が出来るという独自の技術を採用しています。

--ほう。

森實)こうしたカッターは、プロの料理人が使う道具の一つでもあるのですが、デリソフター用に刃の間隔、本体構造を独自に設計して開発したものです。

カッター セット

--なるほど。

森實)そして、調理後に食材がくっつかないようフッ素加工した専用調理皿に食材(料理)を乗せて、200ccの水とともに内鍋にセットします。

--ふむ。

森實)あとは、調理モードの選択ボタンを押し、調理開始ボタンを押すだけのツータッチ操作です。

ボタン 調理開始

やわらか科学をお客様に届ける

--むちゃむちゃ簡単じゃないですか! 調理モードの選択というのは?

森實)料理に応じて最短12分から最長29分まで、5つの自動調理モードを設けています。各料理がどのモードであるかが、商品に同梱しているガイドブックおよび当社デリソフターのホームページに掲載しております。これにより実現できる「舌で潰せる」「歯茎で潰せる」などのやわらかさは、「ユニバーサルデザインフード」の規格に沿ったもので、我々が調べた範囲では、調理機器でこの規格に則ったものは他にありません。

ユニバーサルデザインフード

--すごいですね。

森實)やわらか調理を科学的に実現すべくハード面とソフト面の設計を行いました。

--なるほど。

森實)十分に取扱いを理解いただくとともに、購入後も直接フォローできるようにしているのです。

食の困りごとを解決したい!

--実際に介護食で困られた経験から、パナソニックの社員の皆さんで立ち上げた会社だ聞いておりますが、既にユーザーさんからも「料理を刻まずにそのまま出せる」「食事を作るのが楽になった」「見た目で食べる意欲に繋げられる」「なんどもおかわりをした」など、多くのお声が届いているようですね。

森實)介護施設に入所されている方で、お肉が大好きだけど普段はきざみ食やソフト食を食べておられる方に、娘さんがステーキを焼いてデリソフターで調理されたところ、スタッフの皆さんが見たことがないくらい自ら積極的に大きな口を開けられて、数年ぶりにお肉を食べていただき、感動してスタッフの皆さんと弊社スタッフが一緒に号泣したことがあります。

--素晴らしいですね。では、最後に今後の展望はいかがでしょう。

森實)デリソフターはお野菜料理や果物を「舌で潰せる」、お肉料理やお魚料理を「歯茎で潰せる」やわらかさに仕上げる調理家電ですが、今後はよりやわらかく、より保存しやすくするソリューションやレシピの拡充を図り、より多くの方に受け入れられるプラットフォームを構築して参ります。「介護食」の新しい形を、食文化を創造していきます。

社内

今後の展開が楽しみです!

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp