トップページ > 産業・雇用 > 中小企業支援・海外ビジネス支援 > 京都府の産業振興 Industrial promotion > マイキャン・テクノロジーズ株式会社(京都企業紹介)

ここから本文です。

マイキャン・テクノロジーズ株式会社(京都企業紹介)

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京都府の産業支援情報

「欧州開発室」開設(外部リンク)

(2024年2月23日、ものづくり振興課)

iPS細胞由来のMylc細胞で、病気の原因究明に取り組む!

(掲載日:令和4年1月24日 聞き手・文 ものづくり振興課 小髙、石飛)

紹介画像1

マイキャン・テクノロジーズ株式会社(外部リンク)※1(京都市西京区)宮﨑社長、楠木氏のご指導のもと、同社の商品であるiPS細胞由来の「 Mylc(ミルク)」※2細胞を用いた実験体験をさせていただきました。
皆様のお人柄に加え、社会的意義の大きい事業に取り組む魅力溢れる会社です。

実験を通して、免疫細胞(Mylc細胞)の役割を体験する!

-今日は、実際に身近な材料でMylc細胞のすごい機能を調べる実験を体験させてもらえるんですね!

宮﨑)そうです。身近な材料を使用して、実際に免疫細胞の役割を体験し、少しでも弊社のことを理解してもらえればと思います。Mylc細胞はマクロファージなどの自然免疫に分類されることから、今回の科学実験は自然免疫系の実験を行います。使用する細胞、試薬等はいずれも弊社の最先端技術です。

免疫の全体像
免疫の全体像

実験内容
材料:家の冷蔵庫などにあるもの
細胞:ヒト由来不死化ミエロイド系細胞(Mylc細胞)(文中では「免疫細胞」や「細胞」と記載)
方法:外敵が来た際のはじめの2つの免疫反応(自然免疫)を見る

実験1
材料で細胞を刺激し、敵を知らせるサインを出すか
(適度に発生すると良い、今回はインターロイキン6という免疫を活性化させるサイトカイン:IL-6)

実験2
材料が敵と認識され、食べられてしまう(貪食される)か


宮﨑)ところで、今日は何の材料を持ってきましたか?

-「粉ミルク」と「みかん」です。Mylc(ミルク)細胞とミルクを、貴社の英語表記MiCANとみかんを掛けてみました。

楠木)そうですか(笑)。当社は、英語読みだと、本当に「みかん」と読み間違いされることもあるんです(笑)

宮﨑)シャレのあるいい題材で、びっくりしました。では、材料を溶かして反応をみましょう。

楠木)なんと・・「粉ミルク」には、さっそく貪食活性がありそうですね。

実験中の様子

実験中の様子1

実験中の様子2

実験中の様子3

研究等で活躍している実用性の高いMylc細胞!

実験1の結果

宮﨑)結果を報告します。(下記グラフ)

敵を知らせるサイン(免疫を活性化させるサイトカインIL-6,適度に分泌されればOK)を出すか

  1. 「粉ミルク」は、みかんより、防御機能をもったサイトカインの分泌が確認できた。
  2. 「みかん」は、サイトカインが認められなかった。細胞を刺激する物質が含まれていなかった。結果のグラフ

実験2の結果

宮﨑)では、結果を報告します。(下記写真)

材料が敵と認識され、食べられてしまう(貪食される)か

「粉ミルク」と「みかん」の両方に貪食活性が認められた。

実験結果写真

-実験2の結果から、みかんよりも粉ミルクに対して、貪食作用が強く認められたということですね。(Mylc細胞が粉ミルクの成分の乳脂肪分や溶け残りを異物と捉えたのか、菌がいたのかは不明)他に、貪食活性があまり認められないケースというのは、どういった食品などでしょうか。

宮﨑)はい。例えば、免疫細胞はクエン酸(レモンの酸っぱい成分)など低分子のものにはなかなか反応しません。細胞も生きるために、血中にある糖やアミノ酸などを必要としてますから、そんな小さな分子に反応していては大変です。また、そういった低分子は人間の体に侵入して増殖したりすることもありません。
逆に、菌やウイルスなどは高分子のタンパク質が集合したもので構成されており、体に侵入して増殖し、生命の危機を与えます。そのような細菌やウイルスなどに対しては生きていなくとも、構成するタンパク質や糖鎖の一部が体内に入るだけで免疫は応答します。今回は粉ミルクのタンパク質に反応したのかもしれません。

-そうなのですね。今回は、6時間後に効果測定しましたが、時間が経てば経つほど貪食活性するのでしょうか。

宮﨑)そうとも限りません。時間が経つほど、貪食するケースもあれば、ある時間を最大値に、それ以上は活性がなかったりします。免疫細胞は体内に侵入した物(細菌やウイルスなど)と接触するとサイトカインを分泌して敵がいることを周りの細胞に知らせます。貪食能を持つ細胞はその知らせ(サイトカイン)を受けて活性化すると言われています。
そうして、侵入した物が貪食されつくしてしまうと、それまで貪食能を活性化していたサイトカインの分泌はおさまったり、逆の機能を持つサイトカインを分泌したりして、必要以上に活性化しない様にバランスを取っています。

-なるほど。この機能はどのような場面で役立てられるのでしょうか?

宮﨑)はい。今回はMylc細胞に食品を加えて免疫の活性化を調べる実験でしたが、弊社では細菌の一部を加えてサイトカインの分泌を調べています。医薬品などを製造する際の微生物汚染の検査は、世界全体で約900億円という非常に大きな市場です。現在、この検査には生物製剤(ウサギ、カブトガニ)を使用しており、SDGsの観点から代替法としてヒト末梢血単核球やMylc細胞が注目されています。

-時代の変化にも対応しており、すごい!貴重な体験をさせていただきありがとうございました。(実験終了)

コロナの新薬・ワクチン開発、感染症研究をはじめ、多方面で活躍!

宮﨑)弊社では、今回のような実験をインターンシップ生にも経験してもらったり、食材や評価したい材料を素材メーカーから預かり、ヒト細胞ならではの免疫活性化評価を行う実験研究を受託したりもしています。また、最近では、新型コロナの治療に向け、iPS細胞由来のウイルス研究用の培養細胞を研究機関に無償で提供しています。

-すごい、感染症に怯える我々や研究者の救世主ですね。また、人材育成をはじめ、社会のために再生医療技術を活かした全体最適の観点で事業に取り組まれており、素晴らしいですね。最近では、他の取り組みについても、メディアでよく貴社の記事(外部リンク)を拝見します。
例えば、「感染症の重症化を予測するキットの発売」(外部リンク)についての今後の展望はいかがでしょうか。

宮﨑)デング熱に加え、コロナ等対応する感染症を増やし、感染症の重症化を予測する技術の確立を目指します。

-本当に貴社の取り組みは、病気で困っている方や貴社の細胞を使用したい研究者の方にとって希望の光ですね。
最後に一言お願いいたします。

宮﨑)「感染症に怯えず暮らせる社会」の実現にむけて、今後も取り組みを加速させていきます。

-今後の展開が楽しみですね!ありがとうございました!


注釈 
※1
マイキャン・テクノロジーズ(株):2016年7月設立、iPS細胞等を使用した均質で精度の高い「ヒト血球」を感染症研究や医薬品・機能性素材の効能を調べている研究機関などに供給。また、当社製品を用いて安全性の評価や試験受託を行う。

 
※2
Mylc細胞(Myeloid lineage cell:ミルク):iPS細胞等から未成熟樹状細胞にしたもの。樹状細胞が未成熟の時は自然免疫として知られている貪食能を持つ。また、細菌の一部を認識してサイトカインという細胞間でやり取りされる情報伝達物質を分泌する。ヒト由来の樹状細胞を大量製造でき、安定・継続供給が可能な細胞として、研究者からのニーズは極めて高い。

iPS細胞由来新型コロナウイルス研究用細胞の国内外研究機関への提供事業

(令和3年3月1日、ものづくり振興課)

マイキャン・テクノロジーズ株式会社(外部リンク)(京都市西京区)様による「新型コロナウイルス感染症対策技術結集事業(外部リンク)」の取組です。

参考:免疫について

 

iPS細胞由来の新型コロナウイルス研究用細胞 無償提供

(令和2年4月6日更新 ものづくり振興課 岩橋、足利)

マイキャン・テクノロジーズ株式会社(外部リンク)(京都市西京区)の宮﨑代表取締役にお話を伺いました。

「貪食細胞」による新たなウイルス培養細胞

--今回、地球規模の大問題となっている新型コロナウイルス研究用にiPS細胞由来の細胞を無償提供する予定(6月頃)であることを発表されました。

宮﨑)当社では、デング熱等のウイルス研究用キット「Mylc(ミルク)」を開発してきました。そんな中で、全世界がこのような事態になってしまい、我々の技術でお役に立てればと思ったのです。

Mylc細胞

--まず、簡単なところからおさらいしたいのですが、ウイルス研究用の細胞とは?

宮﨑)ウイルスは、DNA又はRNAと、それを包むタンパク質でできています。

--細菌と違って生物ではありませんね。

宮﨑)そうです。ウイルスは生物の細胞の中に侵入し、更にそのDNA、又はRNAは細胞の核の中に侵入して大量に自らを複製し、細胞内のタンパク質で自らを覆ってウイルスの形を成して、その細胞から出ていき、また次の細胞に侵入するというサイクルを繰り返す、これが体内の感染が広がっていくということです。

--はい。

宮﨑)そして、「抗ウイルス薬」は、例えば、今申しましたウイルスのDNA又はRNAの複製を、阻害する成分ということですが、その研究は、候補となる成分を1種類ずつ、ウイルスが侵入した細胞に投入して、ウイルスの増殖具合を確認するものです。しかし、ウイルスは数十~数百nmと、とても小さいですので、ウイルスに感染しやすく、それを増殖しやすい細胞が、研究に適しています。

--なるほど。

宮﨑)また、「ワクチン」は、ウイルスに対する抗体を予め作っておくことで、次にウイルスが侵入してきた際に除外するという免疫の仕組みを活用し、予め弱毒化したウイルス、すなわちワクチンを体内に摂取し、抗体を作っておこうというものですが、弱毒化したウイルスを見つけるには、ウイルスを大量に培養する必要があります。やはり、ウイルスに感染しやすく、増殖しやすい細胞が必要です。

--だから、樹状細胞とか、なのですね。

宮﨑)はい。Mylcは、ミエロイド系細胞、すなわち、樹状細胞や、白血球の顆粒球、マクロファージといった、免疫反応の司令塔等としてウイルスを取り込む「貪食細胞」を、iPS細胞等から作ったものなのです。ヒト由来の樹状細胞を使用したいと研究者ニーズは極めて高いですね。

Mylc細胞の種類

ヒト由来、安定大量、高培養性能

--2点教えていただきたいのですが、1つは、今回ミエロイド系細胞ということですが、他のウイルス培養細胞はどういうものがあるのかということ、もう1点は、ミエロイド系細胞を作るのは難しいのかということです。

宮﨑)まず前者から。現在、主なものは世界で6種類だけです。その中で最も多く利用されるのがVero(ベロ)細胞で、今回の新型コロナウイルスについても、神奈川県衛生研究所等が Vero 細胞を培養細胞としてウイルスを増殖させ、独立株を分離させておられました。

--そうでしたね。

宮﨑)Vero細胞は取り扱いしやすい細胞ではあるのですが、Vero細胞はアフリカミドリザルの腎臓由来で、アフリカミドリザルはワシントン条約対象動物であることから、Vero細胞も購入・配付には政府等による移動許可が必要であるなど、入手には足かせがあります。

--そうなのですね。

宮﨑)また、エボラウイルスや肝炎ウイルスのように、培養できる細胞が存在しないものもあります。ですので、例えば肝炎ウイルスの場合、研究者らは感染患者の組織・血液そのものを用いて研究を行ってらっしゃいます。

--なるほど。

宮﨑)後者の問いについては、樹状細胞等は、ウイルス培養細胞として優秀な性能を有すると期待できるものの、その作製方法は、廃棄輸血パック、骨髄液由来市販品など生産性が悪く、品質確保も不安のあるものしかありませんでした。

--そうなのですね。

宮﨑)また、iPS 細胞は京都大学等が原料を配付しているので、原料の入手という面は比較的容易ですし、 iPS 細胞は、2週間で100倍以上など多量に増やすということが可能ではあります。しかし、iPS 細胞からウイルス培養細胞としての樹状細胞を十分な量作製するのは難しいです。例えば従来の Vero 細胞を用いた作製方法に比べて、工程が複雑で、時間も長く、コストも大幅にアップします。

--しかし御社は!でしたね。

宮﨑)はい。「iMylc」について申しますと、iPS 細胞から分化していく段階で、未成熟のまま細胞の成長分化を止めるノウハウを持っています。また、未成熟細胞を大量に増やすノウハウ、それを複製するノウハウを持っており、そうして最後に樹状細胞等へと成長させるのです。

--利点を改めて整理しますと。

宮﨑)まず、こうしてヒトの樹状細胞等と同じ性質を持つ細胞を安定して、大量に作製できます。また、従来の研究用細胞に比べても、より低い濃度のデングウイルスを感染させた場合でも、十分に結果を確認できることが判明していますし、従来は増殖できなかった肺炎ウイルス等でも感染を確認できる事例が出てきています。

--今回、デング熱用ではなく新型コロナウイルス用ということですが。

宮﨑)新型コロナウイルスのRNAの複製などを促進する遺伝子を導入しています。

Mylc細胞の生成

CiRA等も協力!新型コロナウイルス研究用細胞無償提供

--通常、研究用にはどのくらいのウイルス培養細胞を用いるものなのですか?

宮﨑)様々でしょうけれど、例えば1セット500万個などといったところです。これでMylcの場合だと約10万円くらいですね。

--それを無償に、ですか。本年6月頃から提供を開始され、12月までというご予定ですが。

宮﨑)そうですね。月に数十~数百セットになるのかもしれませんね。

--ということは計算すると・・・、えー!?すごい金額ですね、本来なら。

宮﨑)当社は、比較的低コストで作製するノウハウがありますし、何より、iPSアカデミアジャパン様や、京都大学のCiRA様もご理解ご協力いただき、iPS細胞のライセンス料を、本件に関しては無償にしてくださるとのことなのです。

--素晴らしいですね!

宮﨑)配送手数料等をどうするかといったことなど細かな点は、改めて6月頃に提供可能となった段階で改めて、と思っていますが、「COVID-19のメカニズム解明、治療の探索など非臨床の研究であること」「大学・大学院等に在籍する研究者による研究であること」「2020年8月までに着手予定であること」「研究成果を論等によって公開予定であること」などの要件を満たす研究に対して、と思っています。

 

プレスリリース内容「iPS細胞由来の新型コロナウイルス研究用細胞を提供へ」(外部リンク)

 

iPS細胞由来ウイルス研究用細胞「iMylc細胞」提供開始(報道発表)

(令和元年12月11日)

マイキャン・テクノロジーズ株式会社(外部リンク)(京都市西京区)の報道発表です。京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業も活用されました。

プレスリリースイメージ(PDF:258KB)

再生医療技術を活用した特殊な血球提供を通じて、世界のあらゆる人の健康に貢献したい

(掲載日:平成30年10月26日 聞き手・文:ものづくり振興課 橋本)

マイキャン・テクノロジーズ株式会社(外部リンク)(京都市西京区)の宮﨑代表取締役にお話を伺いました。

再生医療技術を活用した研究用のヒト血球様細胞の開発

まずは御社の概要について教えてください。

宮﨑)平成28年7月に東京で起業し、現在、社員2名とアルバイトスタッフ2名で、再生医療技術を使った研究用のヒト血球様細胞を作っています。

血球様細胞とは?

宮﨑)血球細胞とは少し違います。赤血球になる前段階の特殊血球を弊社ではそう呼んでいます。今は第1号製品として再生医療技術を使用して、三日熱マラリアの創薬研究に必要な赤血球になる前段階の特殊血球を作っています。いずれは、三日熱マラリアの他にも感染症の研究用細胞を作りたいと考えています。

画像:幹細胞からさまざまな研究用ヒト特殊血球を提供

現地にいたからこそ気づいた課題

そもそもマラリア研究に注目されたきっかけは?起業のきっかけについて教えてください。

宮﨑)製薬会社に勤めていたとき、インドで感染症を研究していたことがあって、現地ではマラリアなどの感染症がまだまだあるんだなぁと気づいたところから始まりました。そこではローテク、つまり古い設備や技術を使って研究しており、最新の技術を使えば、今は解決できていないものが解決できるのではないかと思ったことがそもそものきっかけです。私自身が再生医療に関わっていましたので、再生医療と組み合わせればもっと面白いことが出来るのではないかと思いました。

他の人がフォーカスしてこなかった成熟途中の細胞に着目

様々な分野でiPS細胞等を使った再生医療技術による研究開発が進んでいますが、それらと御社との違い、強みは何でしょうか。

宮﨑)他社が製造しているのはヒトへ移植する医療用細胞です。それはハードルがすごく高いです。産業化するには、乗り越えなければならない壁がたくさんあります。弊社はそこまでの資金力がありません。そこで、医療用細胞ではなく、研究用の細胞を作りたいと考えました。したがって他社がフォーカスしてこなかった、成熟途中の細胞(赤血球になる前の特殊血球)を提供することに着目しました。三日熱マラリアは普通の赤血球ではなく、赤血球になる前段階の網状赤血球を食べて生きています。それを弊社では特殊血球として作っています。

今まで誰もそこに気づかなかったのでしょうか。

宮﨑)感染症の研究者は気づいていましたし、ニーズはありましたが、作る人がいませんでした。だから研究が進まなかったのです。現在は患者から採血して研究していますが、研究用の細胞には限りがある状況です。研究にはたくさんの細胞を必要とします。細胞を大量に作るためのノウハウが弊社にはあります。

ノウハウは重要機密だと思いますが、少しだけ教えていただくことはできますでしょうか。

宮﨑)あえて過酷な環境下で作っていると言いますか、より増えやすくするように作っています。ヒトの細胞をつくるように丁寧に作らない。粗雑に扱っても大丈夫な細胞を作っています。普通であれば1回テストするのに必要な細胞を作ると2~300万かかりますが、我々はその5~10分の1のコストで出来ます。

それぞれの創薬研究に応じた必要な血球様細胞を作りたい

すごいコストダウンですね。細胞の成熟を一歩とめる技術と、それを低コストでできるところが御社のもっている強みですね。

宮﨑)そうですね。この技術は赤血球だけではなく、他の血球様細胞にも使えると考えています。現段階では赤血球とマラリア、あるいは白血球とデングという血球様細胞をつくっていますが、最終的には製薬会社から発注をうけて、研究内容に応じて必要な血球様細胞を作りたいと考えています。

画像:MiCAN(特殊赤血球様細胞キット)→マラリア新薬・ワクチン研究

昔ながらの地域密着型で会社を成長させていきたい

最後に、本社を東京から京都に移す手続き中だとか。なぜ京都に?

宮﨑)ITと違い、設備投資を伴うモノづくり、特に規制が絡む医療関連ベンチャーの場合は、昔ながらの地域密着型で成長していくやり方が最適なのかもしれないと思い、それが実現できるのが京都の魅力だと感じているところです。

 

ありがとうございました。今後の展開が楽しみです!

 

【会社概要】

 

  • 設立:平成28年7月
  • 事業内容:再生医療技術を使用した研究用ヒト特殊血球様細胞の提供事業
  • 代表:代表取締役 宮﨑 和雄
  • 所在地:京都府京都市西京区御陵大原1-36 京大桂ベンチャープラザ北館206号室
  • ホームページ:http://www.micantechnologies.com/

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp