ここから本文です。

ロボットサミット2020開催報告

ロボットサミット2020を令和2年2月23日(日曜日)に北部産業創造センターで開催しました。(主催:京都府、綾部市、京都工芸繊維大学、後援:一般社団法人綾部工業団地振興センター、綾部鉄工工業協同組合)
小学生から高校生までの約40名の子ども達が集まり、ロボットを身近に感じられる良い機会となりました。

ロボットの解説を聞く参加者の様子 ロボットの解説をする京都工芸繊維大学の先生
京都工芸繊維大学の東先生によるロボットの解説。
ロボットの構成要素などを人間の目や耳、手などに例えてご説明され、理科や算数、国語もロボット製作にも役立つことから、どの教科も好き嫌いなく勉強して欲しいとのメッセージが子ども達に伝えられました。

ロボット体験会では計5台のロボットを準備しました。
5台のロボットのデモンストレーションその1 5台のロボットのデモンストレーションその2
京都工芸繊維大学ロボコンチーム「ForteFibre(外部リンク)」のNHKロボコン大会出場機。
NHKロボコンはNHK主催のロボットコンテストで、大学生がロボット製作技術を競う大会です。
毎年ルールが変更され、創意工夫で課題を解決していきます。
今回は、ロボットがモノを受け渡す様子や、段差などの障害物を通過する様子をデモンストレーションしていただきました。

ゲームコントローラでロボットを操作する様子その1 ゲームコントローラでロボットを操作する様子その2
ゲームコントローラを利用してロボットアームやパラレルリンクロボットを動かす様子。

玉を発射するロボットを子どもたちが操作する様子その1 玉を発射するロボットを子どもたちが操作する様子その2
ロボマスター(DJI社が主催する対戦型ロボット競技)の出場機による操縦体験。
けいはんなロボット技術センターに拠点を置く「Scramble」が製作したロボットです。
ロボットから勢いよく発射された玉で標的を狙います。玉が発射される様子はすごい迫力です!

VR消火システムを体験する子どもたちの様子その1 VR消火システムを体験する子どもたちの様子その2
大槻ポンプ工業が開発したVR消火システム。
うまく火を消すためには、火の根元に狙いを定める必要があり、すぐにコツを掴んで消火に成功した子もたくさんいました。

参加者アンケートでは、回答者全員からロボット体験会については、回答者全員から「とても良かった」との回答が得られました。また、イベント終了後も参加した地元の高校生が大学ロボコンチームにロボット製作のアドバイスを求めるなど、活発な情報交換が行われるなど、子ども達がロボットに触れ合う良い機会となりました。
今後もこのようなイベントを開催していきますので、ご参加よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?