ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > モーションキャプチャー -まずは測位にトライ!-

ここから本文です。

モーションキャプチャー -まずは測位にトライ!-

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) title_robotcenter 京都府の産業支援情報・京都府ものづくり振興課 

(2019年3月29日 ものづくり振興課)

今回は、モーションキャプチャ「OptiTrack」の、計測ソフト「Motive」を少しご紹介します。

ラック内の電源を入れ、専用PCを立ち上げ、デスクトップのMotiveを立ち上げますと、10台のカメラが青色に点灯します(結構かっこいいかも!)。

mocap01 mocap02

Motiveは米国製で、英語表記のみです。左上の「Mask Visible」「Start Wanding」をクリックすると、キャリブレーションの準備が整います。

mocap03 mocap04

キャリブレーションワンドを振りながら、モーションキャプチャゾーンを練り歩いてください。約1分けくらいです。各カメラの値が1000を超えるくらいが目安で、カメラの光が青色から緑色に変わります(かっこういいかも!2回目 笑)。この時点で、捕捉精度が0.1mm程度になっています。

mocap05 mocap06 mocap07

各カメラから、さきほどのキャリブレーションワンドを捉えていることが分かります(左)。

しかし、この時点では、各カメラどうしの相対的な位置関係は確立されていますが、客観的なと言いますか、地面との水平方向等が確立されていません(右)

mocap08 mocap09

その確立のための操作を始めます。「Apply」を選択してください。

mocap10 mocap11

キャリブレーションスクエアをゾーン内の任意の位置に置きます。短い辺がX軸、長い辺がY軸、と思いきや、Z軸で、高さ方向がY軸です。なんか日本の感覚と違いますな(笑)。

mocap12

「Set Groud Plane」「Update」を選択します。

mocap13 mocap14

そしてファイル保存先として「Desktop」を選択しますと・・・

mocap15 mocap16

このキャリブレーションスクエアが捉えられ、地面との位置関係も定まります。

mocap17 mocap18

そして実際に測位したいロボットや人などにマーカーをゾーン内に設置すると、画面でもマーカーが捉えているのがわかります。それをドラッグして選択しますと(左)、カメラが捉えているぞ!という画面になります(なんかかっこよくないですか?!)

mocap19 mocap20

そして右クリックで、「Create Form Selected Markars」を選択しますと、完全に捕捉!

mocap21 mocap22

あとは、よくハンディカムカメラ等でもある。赤丸をクリックすれば、録画(動きを測位する)がスタートします。

mocap23

その再生を見るには、画面右上、右から2つ目のアイコンをクリックし、画面左下に表示されるファイルから選択します。すると再生されます。画面ではビジュアル的に見えていますが、当然、0101の情報として記録されているわけです。その情報をUSBメモリーでお持ち帰りいただくこともできますし、本ゾーンに備え付けのSKYCOMで分析をしていただくこともできます。

mocap24 mocap25 mocap26

終了される場合は、画面左上の「Edit」から「Reset Settings」を選択し、消去してください。最後は右上の「×」ボタンで「Motive」を閉じてください。

mocap27 mocap28 mocap29

以上、「Motive 簡単解説」でした!

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?