トップページ > 産業・雇用 > 農林水産業担い手育成・就業支援 > 京都府農林水産技術センター生物資源研究センター

ここから本文です。

京都府農林水産技術センター生物資源研究センター

 

~未来の農林水産業を支える基礎研究・応用技術開発の拠点~

関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の植物研究の拠点として、植物の基礎研究から、付加価値の
ある農作物等の育成や環境にやさしい農業技術開発に関する研究を行っています。

特に、バイオテクノロジーを生かした、黒大豆や黒大豆エダマメ(紫ずきん)、小豆や万願寺とうがらし、エビイモ
など、おいしくて健康に良い京野菜等の新品種の育成や、世界初となる植物ワクチン開発など、微生物を利用
した農作物の病虫害防除や生育促進技術の開発等に関する研究を行っています。

 

新着情報

2021年2月17日

生物資源研究センター令和2年度成績報告会開催のお知らせ

今年度の成績報告会は、令和3年3月16日(火曜日)にオンライン開催で行います。視聴を希望する方は、以下のいずれかの方法で申込してください。申込期間終了後、Zoomの部屋ID及びパスワードを送付します。

(1)メールによる申込

氏名・所属・連絡先を記入の上、視聴を希望する旨をngc-seibutsushigen@pref.kyoto.lg.jpまでご連絡ください。

(2)Microsoftformによる申込

以下の申込フォームに氏名・所属・連絡先を記入して送信してください。

成績報告会申込フォーム(外部リンク)

申込期間:2月17日(水曜日)~3月12日(金曜日)

開催要領(PDF:155KB)

【3月2日更新】講演要旨をアップロードしました。以下のリンクからご覧ください。

講演要旨(キュウリウイルス病)(PDF:386KB)

講演要旨(ダイズ土壌病害)(PDF:373KB)

講演要旨(虫こぶ)(PDF:436KB)

講演要旨(その他短報)(PDF:135KB)

2020年7月20日

「施設公開」中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症防止拡大のため、今年の「施設公開」を中止します。また、延期中の成績報告会やイベントの開催については、おって詳細をホームページでおしらせします。ご理解の程よろしくお願いします。

2020年3月25日

「施設公開」のリニューアルを検討中

京都府農林水産技術センター生物資源研究センターでは、広く府民の皆様に農業や科学技術への理解を深めていただけるよう、毎年、隣接の京都府立大学生命環境学部附属農場と共催で「施設公開」を行ってきました。

令和2年度からは内容を絞って、よりじっくり楽しんでいただけるよう、以下2つの体験イベントにリニューアルを検討中です。詳細が決まりましたら、お知らせしますので、お楽しみに!

(1)収穫と食味モニター体験~農作物(枝豆)の収穫と食味試験に参加しませんか~(仮)

開催時期:7月下旬
対象:一般

(2)バイオテクノロジー実験教室~研究所で先端科学の実験を体験してみませんか~(仮)

開催時期:夏休み期間中
対象:小学校高学年、中学生、高校生

2020年3月3日

【重要】生物資源研究センター成績報告会を延期します

新型コロナウイルス感染症は、現在、国内での感染者が増加しており、一層の感染拡大防止策を講じる必要があります。これに伴い、令和2年3月13日(金曜日)に開催を予定しておりました生物資源研究センター成績報告会~植物の機能(ちから)を活かす~を延期いたします。

詳しくは、成績報告会延期のページをご覧ください。

2018年3月2日

植物ウイルスの接種方法の特許権が登録されました

「植物ウイルスの接種方法、植物ウイルスによる病害に対する抵抗性を付与された植物の生産方法、および植物ウイルスによる病害に抵抗性の植物の検出方法」

2016年4月27日

紫ずきん4号(エダマメ)が品種登録されました

ウイルス(SMV)抵抗性を持つ晩生の大粒品種

2015年9月18日

微生物菌株(注※)の特許権が登録されました

「ナス科植物に対する増収及び疫病発病抑制効果、並びにマメ科植物に対する連作による収量低下防止効果を示す微生物菌株並びに栽培方法」

土壌細菌ArthrobacteroxydamsKP9670株はトウガラシやダイズの収量性や病害抑制に効果があります

((注※)ナス科植物の生育を促進し、疫病の発生を抑制する性質を有するとともに、マメ科植物の連作による収量低下を防止する性質を併せもつArthrobacteroxydans種受託番号FERMP-22038の微生物菌株)

 

2015年8月27日

紅舞妓大納言(小豆)が品種登録されました

コンバイン収穫適性、ウイルス(BCMV)抵抗性を持つ大粒系品種

 

2015年5月27日

微生物農薬「ラクトガード(注※)水和剤」が農薬登録されました

京都府立大学、MeijiSeikaファルマ(株)との共同研究により開発しました

((注※)ラクトガードはMeijiSeikaファルマ(株)の登録商標です)

お問い合わせ

農林水産部生物資源研究センター

相楽郡精華町大字北稲八間小字大路74番地

ファックス:0774-93-3528

ngc-seibutsushigen@pref.kyoto.lg.jp