ここから本文です。

医療的ケア児等支援センター「ことのわ」

~「ことのわ」を中心に病気や障害があっても安心して生活できる京都府へ~

センター概要

病気や障害があることで、人工呼吸器の管理やたんの吸引等の医療的ケアを日常的に必要とする子どもとその家族の相談に応じるとともに、地域で安心して生活できるよう関係機関の連携を進めるため「京都府医療的ケア児等支援センター」(愛称:ことのわ)を令和4年4月25日に開設しました。

医療的ケア児等支援センター「ことのわ」開設のお知らせリーフレット(PDF:3,298KB)

場所

京都府庁1号館4階障害者支援課内

相談受付

平日午前9時から午後4時まで(祝日及び年末年始除く)

【専用☎075-414-5120】

業務内容

1.医療的ケア児等からの相談への助言等

人工呼吸器による呼吸管理、喀痰吸引その他の医療行為を日常生活及び社会生活を営むために恒常的に受ける事が不可欠である児・者及び重症心身障害児・者とその家族からの相談に応じます。

こんなときご相談ください

「先々の子育ての見通しがつかない」「きょうだいに関わる時間がとれない」「緊急時の預け先がない」「どこに相談すればよいかわからない」など医療的ケア児に係る様々な相談を、「こんなこと相談していいかな」などと悩まずに、まずお電話してください。

お話をお伺いしたうえで、社会資源の情報提供や適切な関係機関の紹介をいたします。

医療的ケア児等基本情報調査(追加)に御協力ください

令和4年度に実施した「京都府医療的ケア児者及び重症心身障害児者基本情報調査」の新たな項目を追加した電子申請フォームのQRコードを掲載します。新たなフォームには「災害時個別避難計画」作成に関する項目を追加しています。災害時の医療的ケア児者等への配慮や支援を考える基礎情報となりますので、既に提出された方も、まだ調査を提出されていない方は新たにご協力をお願いします。

QRコード(PDF:72KB)

「京都の医療的ケア児つながろう」ポスター

令和5年度「医療的ケア児等支援体制整備事業」として京都府の家族会等へ委託し、その一環として医療的ケア児とその家族向けのポスターを作成しました。このポスターは御家族に家族会等への入会をお勧めするものではなく、日々の生活や成長に伴い抱える様々な悩みや困りごとを抱え込んだり、孤立されないよう互いに「つながろう」という府内の家族会の活動をお知らせし、心に留め置いていただくためのものです。

ポスター(PDF:440KB)

 

2.関係機関及びこれに従事する方への情報提供や研修

人工呼吸器を装着しているなど、日常生活を営むために医療を要する状態にある障害児や重症心身障害児等(「医療的ケア児等」)が、地域で安心して暮らしていけるよう国が定めるカリキュラムに基づき「医療的ケア児等支援者養成研修研修」及び「医療的ケア児等コーディネーター養成研修」を計画します。

 

公益社団法人京都府看護協会京都府ナースセンター

医療的ケアの必要な児童のために、保育所等や学校、福祉事業所で働くことをお考えの看護職の方へ

医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について(その2)

令和4年12月1日付けで「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について(その2)が通知されましたので、お知らせします。

 

3.関係機関等との連絡調整

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4597

shogaishien@pref.kyoto.lg.jp