ここから本文です。

HACCP(ハサップ)の取組について

厚生労働省が示す「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」に、食品等製造時における衛生管理に危害分析・重要管理点方式(HACCPシステム)の導入が規定されています。

京都府においても関係条例の中で、食品等製造時の衛生管理にHACCPシステムの導入を努力義務として規定し、府内で製造される食品等の安全・安心の一層の向上のため、食品等事業者へのHACCPの普及を推進しています。

HACCPとは?

原材料の受入から最終製品までの各工程ごとに、微生物、化学物質、金属の混入などの潜在的な危害要因を分析・特定(危害要因の分析:Hazard Analysis)した上で、危害の発生防止につながる特に重要な工程(重要管理点:Critical Control Point)を継続的に監視・記録する工程管理システムのことです。ハサップシステム

HACCPシステムは、効果的・効率的な食品衛生管理が可能になる手法として国際基準となっています。HACCPの導入により、食品の安全性の向上が期待されます。

HACCPに取り組む届出事業者の公表

京都府では、HACCPによる衛生管理を行っている事業者の届出を条例で規定しています。HACCP導入に取り組む届出事業者を公表することで、事業者の自主的な衛生管理の取組を応援するとともに、この取組を消費者をはじめ多くの方に知っていただき、HACCPシステムの普及推進を図ります。

「HACCPに取り組む事業者」をご覧下さい。

HACCP導入を応援します!

保健所による個別相談会

令和2年6月に食品衛生法が改正され、猶予期間が終了する令和3年6月までに、原則として全ての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理が求められることとなりました。

HACCP導入を希望する事業者に対し、個別に取組についての相談を受け付けます。
HACCPとは何か、具体的にはどのように取り組めばいいのか相談に応じます。

個別相談会開催日程は「令和2年度HACCP個別相談会」をご覧下さい。

過去の相談会の開催状況は以下をご覧下さい。

HACCP導入講習会の実施

HACCPの取組を普及・推進するため、府内食品等事業者を対象に保健所単位で講習会を実施しています。
業種別を中心に実施し、HACCPについての講義やグループワークなどを行い、HACCPシステムへの理解を深めます。

令和2年度の講習会の実施結果

本年度に実施した講習会の実施状況は「令和2年度に実施したHACCP導入講習会」をご覧ください。

過去の講習会(ミニセミナー)の実施結果

HACCP導入のための資料

HACCP導入に向け、リーフレットやマニュアルを作成しています。ご自由に印刷してご活用ください。

食品等事業者団体が作成し、厚生労働省の食品衛生管理に関する技術検討会で内容を確認した手引書については、厚生労働省のホームページで公表されています。「食品等事業者団体が作成した業種別手引書」(外部リンク)をご覧ください。

 

平成31年4月、新たにHACCP啓発マンガ「マンガで知ろう!HACCP導入のススメ」を作成しました。

これから「ハサップ」に沿った衛生管理の導入を始める方は、是非ご覧ください。

HACCP啓発マンガの作成について

参考資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?