ここから本文です。

へしこの紹介

「へしこ」は、「さば」や「いわし」などの魚を塩漬けした後、米糠に長期間漬け込み熟成させた保存食です。他の水産保存食と同様に塩分は高めですが、塩辛さの奧にある豊かな風味が大変美味で、食が進みます。

主に石川県から鳥取県までの日本海沿岸地方で生産されており、府内では、伊根町を中心とした丹後地域で昔から保存食として作られ、食されています。

サバへしこ

食べ方等(さばへしこの場合)

  1. 魚についている糠を軽く落とします。糠が気になる方は、水で洗い落としてください。
  2. 魚を適当な大きさに切ります。片身で5切れ程度が目安です。
  3. さっと軽く焼いて出来上がりです(焼きすぎると身が固くなります)。

炭火で軽く焼いたへしこ

焼いたへしこは、お茶漬けや温かいご飯にのせて食べたり、酒の肴として食べるのが一般的です。余ったへしこは焼いてほぐし、保存しておくといろいろな料理に使えます。

なお、へしこは長期保存が可能な食品ではありますが、冷蔵庫で保存し、なるべく早めにお召し上がりください。

 

おもしろ料理レシピ集

「へしこ」をより手軽に楽しんでいただくため、へしこのおもしろ料理レシピ集を作成しました。少々塩辛い「へしこ」ですが、ちょっと工夫すればいろいろな料理に使え、たいへんおいしくいただけます。是非お試し下さい。

おもしろ料理レシピ集

「へしこ」おもしろ料理レシピ集(PDF:946KB)

(A4用紙で両面印刷し、三つ折りにして御利用下さい)

 

へしこの入手方法

京都府内の漁業協同組合、漁民会社では、それぞれ昔ながらの独自製法で「へしこ」を作り、販売しています(問い合わせ先)。

また、「へしこ」は丹後にある道の駅やスーパーマーケット等でも販売されています。それぞれにこだわりがある商品ですので、丹後にお越しの際には、是非「へしこ」を食べ比べてみてください。

贈答用に梱包されたへしこ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部水産事務所

宮津市字小田宿野1029-3

ファックス:0772-25-1532

suisanjimusho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?