トップページ > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > きょうと薬物乱用防止情報センター > 「ヤング街頭キャンペーン」を実施しました

ここから本文です。

「ヤング街頭キャンペーン」を実施しました

「ヤング街頭キャンペーン」を実施しました

京都府内の薬物事犯の検挙者数は、年間300人程度(全国では13,000人~15,000人程度)で推移しており、特に大麻事犯については、20歳代が約5割を占めており、深刻な状況が続いています。
「きょうと薬物乱用防止行動府民会議」(平成23年10月設立)では、6月20日から7月19日までの1箇月間、青少年層を中心に、薬物の正しい知識を身につけていただくため「ダメ。ゼッタイ。」普及運動を実施し、地域や学校行事における啓発資材の配布等を行いました。
また、期間中の6月22日には、「ヤング街頭キャンペーン」(※)として、京都市内繁華街4箇所において、大学生ボランティアなど約300名で街頭啓発及び募金活動を行いました。

  1. 日時街頭キャンペーンの様子
    6月22日(土曜日)午後1時30分~2時30分
  2. 場所
    京都市内繁華街4箇所(JR京都駅前、三条河原町、四条河原町、四条高倉)
  3. 主催
    きょうと薬物乱用防止行動府民会議
  4. 参加人数
    約300名(主催団体関係者に加え、大学生ボランティア(94名)等も参加)
  5. 内容
    ・「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」を合い言葉に、リーフレット等を配布し、街頭啓発を行う。
    ・「ダメ。ゼッタイ。」国連支援募金活動を行い、開発途上国の薬物乱用防止活動等の支援に役立てます。

注※1987年にウィーンで行われた国連主催による関係閣僚会議の終了日である6月26日を記念して、1988年から全世界で麻薬乱用撲滅キャンペーンが実施され、日本では、1993年から、「6.26ヤング街頭キャンペーン」として、6月26日前後の土日に全国的に街頭啓発等が行われている。

 

お問い合わせ

健康福祉部薬務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

yakumu@pref.kyoto.lg.jp