ここから本文です。

自殺予防週間(9月10日から9月16日)

自殺予防週間とは

 自殺対策を推進するためには、自殺について、誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発することが重要です。このため、平成19年6月に閣議決定された「自殺総合対策大綱」において、「9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年、9月10日からの一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」することとされました(現在は、自殺対策基本法で9月10日から16日までを自殺予防週間と定められています。)。

 自殺予防週間は、当該期間中における集中的な啓発事業等の実施を通じて、国民に自殺や精神疾患についての正しい知識を普及啓発し、これらに対する偏見をなくしていくとともに、命の大切さや自殺の危険を示すサイン、また危険に気づいたときの対応方法等について国民の理解の促進を図ることを目的とするものです。

令和3年度の京都府の取組

 ライフ in 灯(ライト) きょうと2021

自殺予防・自死遺族支援に関する展示やLEDキャンドルの点灯を行っています。

(第1部)

令和3年9月3日(金曜日)午後4時~6時 ゼスト御池河原町広場(外部リンク)

パネル展示やマルチビジョンでの映像放映など

(第2部)

 令和3年9月3日(金曜日)午後7時~8時 京都市役所前広場(外部リンク)

 LEDキャンドルの点灯

 ※雨天の場合は中止となります。

主催

リンク

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

chiikifukushi@pref.kyoto.lg.jp