ここから本文です。

LINE Pay 請求書支払いのご案内

LINEPay請求書支払い

令和元年5月から、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する「LINE Pay 請求書支払い(スマホのおサイフサービス)」を利用して、いつでも京都府税の納付ができます。

注意事項(納付前に必ずご確認ください)

領収証書について

LINE Pay 請求書支払いによる納付では、領収証書は発行されません。

領収証書を必要とする場合は、納付書裏面に記載の金融機関、コンビニエンスストア等の窓口で納付してください。

自動車税(種別割)納税証明書(車検用)について

自動車税(種別割)をLINE Pay 請求書支払いで納付をした場合、車検用納税証明書は送付しません。

平成27年4月より自動車税(種別割)の納税確認が電子化されているため、納税証明書を提示しなくても車検の更新が可能となります。詳しくは「自動車税(種別割)の納税確認の電子化について」をご覧ください。

その他注意事項

  • 府税事務所やコンビニエンスストア等の窓口での納付(窓口払い)はできません。
  • 納付手続完了後に、納付を取り消すことはできません。
  • 納付書1枚当たりの金額が30万円を超える場合、LINE Pay 請求書支払いによる納付はできません。
  • LINE Pay 請求書支払いのご利用には、事前にLINEアプリ内から利用登録を行い、チャージすることが必要です。
  • タブレット・パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からLINE Pay 請求書支払いによる納付はできません。
  • 納付書のコンビニ取扱い期限を過ぎている場合は、LINE Pay 請求書支払いによる納付はできません。

納付手続きに必要なもの

  • スマートフォンの「LINE」アプリ
  • 「コンビニ収納用バーコード」が印刷された納付書※

注※納付書1枚当たりの金額が30万円を超える場合、納付はできません。

利用方法

  1. スマートフォン用の「LINE」アプリケーションをインストールし、LINE Payの利用登録を行い、銀行口座連携等によりあらかじめ金額のチャージを行います。
  2. 1の登録完了後、アプリ上の「ウォレット」タブより金額をタップし、「請求書支払い」を選択すると、スマートフォン端末のカメラが起動しますので、納付書に記載されている「コンビニ収納用バーコード」をスキャンします。
  3. 支払情報を確認し、画面の表示に従い操作を進めると、パスワード入力画面に切り替わるのでパスワードを入力すると支払が完了し、完了画面が表示されます。

システム利用料

利用者の負担はありません。

取扱税目

注※コンビニ収納用バーコードが印刷された納付書であることが必要です

府民税利子割

府民税配当割

府民税株式等譲渡所得割

法人府民税・事業税等

個人事業税

自動車税(環境性能割)

自動車税(種別割)

不動産取得税

鉱区税

軽油引取税

府たばこ税

ゴルフ場利用税

産業廃棄物税

お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?