ここから本文です。

口蹄疫に関する情報

宮崎県において、家畜伝染病である「口蹄疫(こうていえき)」の発生が確認されています。
 口蹄疫は、牛、豚、めん羊、山羊、イノシシ等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
 また、感染した食肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、仮に感染した食肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。

京都府口蹄疫対策マニュアルについて

京都府の対応

  • 平成22年12月14日
    【京都府口蹄疫防疫演習の開催】
    口蹄疫に対する京都府の防疫対策について、京都府のマニュアル等の検証を行うため、防疫演習と実地検証を開催。
  • 平成22年6月30日から7月6日
    【獣医師の応援派遣(11)】

    宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年6月23日から29日
    【獣医師の応援派遣(10)】
    宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員2名を派遣。
  • 平成22年6月16日から22日
    【獣医師の応援派遣(9)】
    宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年6月10日
    【第1回近畿ブロック等口蹄疫対策協議の開催】
    兵庫県において近畿ブロック知事会構成府県10府県の危機管理及び家畜衛生部局が参集し、協力事項について意見交換。
  • 平成22年6月9日から15日
    【獣医師の応援派遣(8)】
    宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年6月2日から8日
    【獣医師の応援派遣(7)】
    宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員2名を派遣。
  • 平成22年5月31日
    【広域防疫対策センターに係る専門家チーム会議を開催】
    口蹄疫の発生を想定した府の初期防疫の備え等について協議。
  • 平成22年5月26日から6月1日
    【獣医師の応援派遣(6)】
    宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年5月21日
    【第2回 口蹄疫防疫対策会議】
     府内関係団体が参集し、的確な防疫対応を協議。
  • 平成22年5月19日から25日
    【獣医師等の応援派遣(5)】
     宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員等3名を派遣。
  • 平成22年5月12日から18日
    【獣医師の応援派遣(4)】
     宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年5月8日から14日
    【獣医師の応援派遣(3)】
     宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年5月1日から7日
    【獣医師の応援派遣(2)】
     宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年4月25日から30日
    【獣医師の応援派遣(1)】

     宮崎県からの依頼に基づき、府の獣医師職員1名を派遣。
  • 平成22年4月22日
    【第1回 口蹄疫防疫対策会議】
     
    府内関係団体が参集し、的確な防疫対応を協議。
  • 平成22年4月21日
    【飼養家畜の異常の有無について農家調査】
     家畜保健衛生所が対象農家に聞き取り調査を行い、全戸・全頭(のべ255戸・3万頭)の異常がないことを確認 。
  • 平成22年4月20日
    【消毒薬の確保及び消毒徹底指導】
     家畜保健衛生所の消毒薬備蓄量を確認、当面の農家消毒に必要な消毒薬を発注、確保。
     4月20日以降、農家及び農家を巡回する集乳車、飼料運搬車に消毒徹底指導を行うとともに、消毒剤を配付。
  • 平成22年4月20日
    【農家への情報提供、注意喚起】
     口蹄疫感染の可能性がある偶蹄類(牛、豚、めん羊、山羊、イノシシ)飼養全農家のべ255戸及び関係団体・市町村へ、家畜保健衛生所等から情報提供と注意喚起。

口蹄疫とは

1 牛、豚、めん羊、山羊、イノシシなどの偶蹄類が感染する伝染病です。
2 口や蹄に水疱(水ぶくれ)ができるのが特徴です。
3 発熱や多量のよだれを流し、食欲がなくなったりします。

本病は、非常に強い感染力をもっていますので、各農場の飼養管理、衛生管理を徹底することが大切です。

 口蹄疫は、牛、豚、めん羊、山羊、イノシシ等の偶蹄類の動物の病気であり、人の健康に影響はありません。
 また、感染した食肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、仮に感染した食肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。

口蹄疫を防ぐために

 大切な家畜を口蹄疫から守るため、以下のことを徹底してください。

  • 農場を訪問する車や持ち込む器具等は必ず消毒しましょう。
  • 関係者以外の農場への立入は極力控えましょう。
  • 飼養する家畜の健康観察は毎日丁寧に行いましょう。
  • おかしいなと思ったら、すぐに最寄りの家畜保健衛生所に連絡しましょう。

周知パンフレット(牛用)(PDF:656KB)

周知パンフレット(豚用)(PDF:502KB)

消毒薬について)(PDF:101KB)

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部畜産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4981

ファックス:075-414-4982

chikusan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?