ここから本文です。

中丹広域振興局

難病対策等について

難病対策等について

「難病」とは、不治の病に対して社会的通念として用いられてきた言葉で、その時代の医療水準や社会的事情によって変化してきました。厚生労働省では、昭和47年「難病対策要綱」を制定し、「難病」として行政施策の対象とする疾患を整理しました。また、平成26年5月23日に「難病医療法」が成立し、平成27年1月1日から「難病」の定義が見直されたほか、新たな医療費助成制度が開始されました。

京都府においても、これら難病に対して、医療費助成をはじめ、さまざまな施策を行っています。

難病相談等

当保健所では、特定疾患の患者さんや難病の疑いのある方を対象に、専門の医師等による医療相談・訪問相談・難病に関する講演会・交流会等を実施しています。

NPO法人京都難病連(外部リンク)では専門医による医療講演・相談会、同じ悩みを持つ患者が話を聞くピア相談会、同病の患者や家族と交流する難病ピア(仲間)交流会を開催しています。

在宅難病患者等療養生活用機器貸し出しについて

京都府では、在宅で療養する難病患者さんやご家族等を対象に、意思伝達装置・痰吸引練習セットなどの機器の、購入前の試用や練習を目的とした貸し出しを行っています。

詳しくは、京都府ホームページ(在宅難病患者等療養生活用機器貸出事業)をご覧ください。

●問い合わせ先
京都府中丹西保健所保健課健康・母子保健支援係
電話:0773-22-6381
京都府健康福祉部健康対策課疾病対策担当
電話:075-414-4725

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中丹広域振興局健康福祉部 中丹西保健所

福知山市篠尾新町一丁目91

ファックス:0773-22-0429

chushin-ho-nishi-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?