ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 難病対策等について

ここから本文です。

難病対策等について

「難病」とは、不治の病に対して社会的通念として用いられてきた言葉で、その時代の医療水準や社会的事情によって変化してきました。厚生労働省では、昭和47年「難病対策要綱」を制定し、「難病」として行政施策の対象とする疾患を整理しました。また、平成27年5月23日に「難病医療法」が成立し、平成27年1月1日から「難病」の定義が見直されたほか、新たな医療費助成制度が開始されました。

京都府においても、これら難病に対して、医療費助成をはじめ、さまざまな施策を行っています。

難病に関する医療費助成について

難病に関する医療費助成は、特定医療費(指定難病)支給認定制度や特定疾患治療研究事業などがあります。

難病の療養生活・相談支援について

難病に関する啓発パンフレット

難病に関する各種啓発パンフレットはこちらを御参照ください。

京都府保健所における難病事業

京都府保健所(京都市の場合は保健センター)では、難病に関する各種事業に取り組んでいます。

京都府難病相談・支援センター

京都府難病相談・支援センターは、平成27年10月1日から京都府立総合社会福祉会館(ハートピア京都)地下1階に移転しました。

京都府が実施する難病に関する研修事業等

京都府では、難病ピア・サポーター養成研修会やホームヘルパー・訪問看護師・主任介護支援専門員を対象にした研修等に取り組んでいます。

在宅重症難病患者療養支援事業

京都府では、難病患者・家族の方を支援する独自事業に取り組んでいます。利用希望のある方は、お住まいの地域の京都府保健所(京都市の場合は保健センター)までご相談ください。

その他

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4742

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?