ふるさとトピックス!福知山、舞鶴、綾部

トップ > 特集 > 京都北部のコワーキング・チャレンジショップ特集

更新日:2021年3月2日

ここから本文です。

京都北部のコワーキング・チャレンジショップ特集

オフィスに出社せずに好きな場所で仕事をする。そのような働き方を後押しするかのように、ここ数年、京都北部でもコワーキングスペースやレンタルスペース、週末起業に便利なチャレンジショップが増えてきました。今回、舞鶴市にあるコワーキングスペース『Coworkation Village MAIZURU』を中心に、おすすめの施設をご紹介します。

舞鶴市|Coworkation Village MAIZURU

2019年10月にオープンしたコワーキングスペース『Coworkation Village MAIZURU(コワーケーションビレッジマイヅル)』。名前の「Coworkation」とは、co(共に)+work(仕事も)+vacation(休暇も)を組み合わせた造語です。

コワーキングスペースがあるのは『舞鶴赤れんがパーク』3号棟の2階。現代風にリノベーションされていますが、床や壁、天井は100年以上前に建てられた当時のままです。舞鶴市を代表する観光名所のなかにあるため、観光客がふらっとカフェを利用する代わりに立ち寄ることもあるのだそう。歴史的建造物の趣を感じながら過ごすことができます。

また、いろんなイベントも開催されており、「おもしろい活動がしたい、人脈を広げたいと思っている方にお越しいただきたいですね」とスタッフの福永さん。利用者やイベントの参加者がつながり、例えば、地域課題を解決するチームが結成されて実際に活動しているケースもあるそうです。


お話を伺ったスタッフの矢野さん(左)と福永さん(右)

新型コロナウイルスの影響でテレワーク人口が増え、利用者は1年で約3倍に増加。スタッフの矢野さんは「もともと海外勤務だったけれど国内待機となり、今ではオフィス代わりに毎日ご利用いただいている方も。ママさんや学生さん、ご年配の方など、いろんなお客様がいらっしゃいますね」と話します。ちなみに学生さんは利用料が無料!小・中学生のお子さんも勉強部屋として利用しにくるのだとか。


舞鶴市は「SDGsモデル事業」に選定されている自治体のひとつ。コワーキングスペースには解説スペースが設けられており、子どもたちが学ぶ機会にもなっています。

利用料金の中には貸切プランもあり、8名ほどで座れるテーブルを1時間3,000円(税抜)で利用できるほか、スペース全体を貸し切ってイベントを開催することもできます。地元の方が俳句の会などで利用されたり、テレワーク体験セミナーやSDGs勉強会、高校生による舞鶴の魅力発見発表会に使われたこともあるのだそうです。

コワーキングスペースの周りは舞鶴湾を臨む気持ちのいい芝生エリア。仕事に疲れたら、海を眺めながらぼーっとするのもいいですね。お腹が空いたらおいしい海鮮を食べられるレストランやカフェへ。ぜひ、スタッフの方におすすめのお店を聞いてみてください。あなたも旅をしながら仕事をしてみる「ワーケーション」に出かけてみませんか?

Coworkation Village MAIZURU
住所:京都府舞鶴市字北吸1039-2赤れんがパーク3号棟2F
WEBサイト:https://www.coworkation-village-maizuru.com/

京都北部のコワーキング・チャレンジショップ4選

京都北部(舞鶴市・福知山市・綾部市)には、仕事場やイベント開催におすすめのコワーキングスペース・チャレンジショップが点在。その中からおすすめの4カ所をご紹介します。

舞鶴市|FLAT+(フラットプラス)

西舞鶴の平野屋商店街にある『FLAT+(フラットプラス)』。毎週水・木曜日の10時〜16時が「パパ・ママコワーキングスペース」として開放されています。キッズスペースがあるので、子どもを遊ばせながらお仕事ができますよ(予約制)。また、運営者の『team.m』がコワーキングスペースや自宅でできるお仕事を紹介してくれます。その他、キッチン付きレンタルスペースを利用して1日出店も可能なので、いつか自分のお店を開業したい方にもおすすめです。

FLAT+
住所:京都府舞鶴市平野屋123
コワーキングスペース WEBサイト:https://papamamaflat.business.site/
レンタルスペース WEBサイト:https://flatplus.online/
※利用状況はHPのスケジュールをご確認ください。

福知山市|アーキテンポ

毎月第4日曜に開催する定期市『福知山ワンダーマーケット』が運営するチャレンジショップ。地元の人たちの憩いの場として、これからお店を始めたい人たちの練習の場として生まれました。カフェやバー、子ども食堂などが日替わりで出店。フリーマーケットや福知山ワンダーマーケットの出店者が主催するイベントも不定期で開催されています。

アーキテンポ
住所:京都府福知山市字上新町17
WEBサイト:https://wonderfukuchiyama.net/architempo
※利用状況はHPのスケジュールをご確認ください。

綾部市|ピースビル

JR「綾部駅」南口から徒歩約2分。北近畿最大規模の複合施設『ピースビル』は、綾部のビジネス拠点を目指してつくられました。ビジター利用はできませんが、コワーキングスペースは月額5,000円、個室のブースは月額2~6万円でレンタル可能(いずれも税抜価格)。1階に窓口を構える『田舎生活研究所』では、綾部市の生活体験ができる施設などを紹介してくれます。

ピースビル
住所:京都府綾部市駅前通33番地
WEBサイト:https://inaka-seikatsu.info/peace_build/

綾部市|フリースペース『コネクト』

2018年にオープンした『北部産業創造センター』。京都府、綾部市、京都工芸繊維大学、グンゼ株式会社の産学公が連携し、新たな産業拠点としてつくられました。施設1階にあるフリースペース『コネクト』では、Wi-Fiが完備されており、お仕事や自習、ミーティングのスペースとして利用可能。なんと利用料は無料です!JR「綾部駅」北口から徒歩約1分の好立地。電車の待ち時間に利用できるのも嬉しいですね。

フリースペース『コネクト』
住所:京都府綾部市青野町西馬場下33番1
WEBサイト:https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/nicc_howtouse.html

 

 

ママライター:工忠衣里子
編集:山本英貴

 

お問い合わせ先

中丹広域振興局 地域連携・振興部 企画・連携推進課

電話番号:0773-62-2031

ファックス番号:0773-63-8495

舞鶴市字浜2020番地

メールアドレス:c-c-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?